初めて参加した、柏メンタルクリニックの家族会。

初めて、参加しました。 柏にある、長男が通ってる柏メンタルクリニックでの家族会に。 自分も含めて、10名に足らずの親御さん方の参加者でした。 テーブル二つに分けた形でのフリートーキング形式でしたが、お話伺うと、皆さん、それぞれに努力してました。 写真は、柏メンタルクリニックの帰りに通った、先日降った雪の残りがアイズバーン化してる日陰道のシーンです。 強いて言…

続きを読む

8年前の今日の午後9時に発狂した長男。

2002年の1月31日の午後9時に長男が突然暴れだし、明け方に千葉県精神科医療センターに強制入院になった日から数えて今日で8年目の日です。 未だ社会復帰を果たせておらず、自宅で投薬治療を続けている長男ですが、そんな話を電話でする私に対して、我が戦友でもある女房は、そんな事は既に過ぎ去った事で、今現在も大変な日々である事に変わりはないけれども、それらを充分認識した上で、前を見続けている姿勢は…

続きを読む

手術

我が家の愛犬のチョロが明日8/29に左脇腹に出来たうずらの卵サイズの腫瘍の除去手術です。 2年ほど前ですが、岐阜の保健所で殺処分待ちだったチョロをボランティアに助けられ、縁あって我が家に来た訳です。 この2年ですが、耳の病気、ヘルニアと治療を続けて来て、落ち着いて来てた最近でしたが、医者の判断で、今回手術する事に踏み切りました。 切ってみない事には、良性か悪性かも判らないと言う…

続きを読む

フラッシュバッグ

6月7日の夜に柏の自宅から女房が電話を掛けて来た。 統合失調症治療継続中の長男が、自室の扉を激しく叩きながら部屋に入って行ってしまったままだと言う。 その声は、かなり困惑してて、興奮気味である。 女房は、退院間もない当時の緊張の連続だった日常が蘇った様で、若干怯えているのも電話口から伝わって来る。 確かに退院間もない当時は、昼夜関係無しにかなり大きな奇声を発したり、モノを叩い…

続きを読む

父の退院 と 今日一番嬉しかった事 -2-

5月4日のみどりの日は父の見舞いです。 聞けば5月8日に退院決定という。 顔はそうでもないが、着替えの際に見せた足の太ももは随分細くなっており、見た筈の無い統合失調症の長男でさえそれが如実に解る程のたるみを含んだ老人のそれである。 相変わらず、我らでこぼこ家族を気遣う父ではある。 手術当日の移動ベッドに運ばれる際の心細さをとつとつと述べる父。 母とのプチ言い合いを目の前で展…

続きを読む

柏から福井へ と 今日、一番嬉しかった事。

4月30日。 月曜日です。 朝、4時30分に目覚め。 天気は、雲の全く無い気分の良い快晴。 早速、寝床を抜け出しバイクの荷造りセットアップ作業着手です。 案外に時間が掛かって、出発出来る準備が身支度含めて整ったのが、もう6時も近く。 1日の間に頻繁にトイレに行く統合失調症の長男。 (トイレの水を頻繁に流す事になるので、我が家の水道料金は、成人4,5人が暮らす量としては…

続きを読む

予定

今度の土曜日の4月28日ですけれど・・・。 調整が付けば、バイクで福井から柏へ自走予定です。 既にETCは付いてる筈だし、何より天候もそうそう悪くはなさそうですから。 土曜日に福井を発って、二泊してから、月曜日に又福井へ向け同じくバイクで往復って訳です。 福井から自宅への往復なので、とてもツーリングと呼べる代物ではありませんが、こういう機会でも有効活用させないと、とてもバイクに乗…

続きを読む

車のお話です。

5年程乗ったスバルのレガシーB4というセダン。 買い方としては、初めての個人リースというもの。 車検費用や税金その他も毎月のリースに盛り込んでしまうと言うもの。 5年間の契約期間が過ぎた先月、全て返却しました。 この車を発注した時点では、未だ長男の統合失調症は発症しておらず、納車して間もなく発症したタイミングもあって、この車で当時柏の自宅から幕張新都心のロッテスタジアム傍の病院迄…

続きを読む

立春!

今日、2月4日は立春! これからは、少しずつ暖かくなる筈! と言っても、周辺に雪は全く無く、今日も快晴で、今時期の関東地方の天候と全く変わらず。 全く個人的な事ではありますが、今日は、共に長男の病気回復に取り組む戦友、つまり我が女房の**回目の誕生日。 これから暖かくなる立春に生まれた女房。 その意味を長男の病気の今後の改善の期待に重ね合わせる今日の誕生日です。 発症して…

続きを読む

人生には、無駄なものは何一つとして無いと思います!

薄々感じてはいたのですが、その方から微かに香ってくる人間性の匂いが、少し周囲の人達と違っていた。 アンジェラアキさんと眼鏡迄そっくりのきりっとした顔立ちのその女性とお互いの子供の話にたまたまなった。 ここでは詳しくは書けませんが、かつてそのお子さんの事で絶望的でかなり辛い数年を乗り越え、さらっと『人生には、無駄なものは何一つとして無いと思います!』と言い切ったのには、こちらが鳥肌立つ…

続きを読む

今日は、私が留守番ですー2  

一昨日辺りから『土曜日休み?』と軽いジャブが入ってました。 ん? 何かあるの? と私。 『たまには、出掛けたいの!』 と女房。 勿論、反対する理由も出来る理由も全くありません。 毎日、毎日、朝も昼もそれこそ一日中、統合失調症の息子といつも一緒になる格好の女房の頑張りで何とか普通の家庭にやや近い生活を送れ始めている我が家にとって、女房からの申し入れは断れる筈がありません。 朝…

続きを読む

夢を見る者、夢を実現させようと努力する者

近所の大きな屋敷の中で、地域の人達と創作ダンサー女性二人の踊りを昨日日曜の夜に見る機会があった。 有名でも何でもないダンサー。 さして期待もせずに、その場に臨んだ。 軽快なJ-Popが奏でる強烈なビートと共に始まった、その踊りに、不覚にも圧倒されてしまった。 衣装は和服ですが、まるで和服を感じさせない和服デザインとその踊りのテンポ、ノリの良さ。 物凄く小顔の女性二人が、男性…

続きを読む

自分自身をくじけさせない為の一言

既に何度かブログにも書いている、長男の統合失調症の事。 ややもすると、自分の気持ちが底なし沼にぐぐっと引き込まれそうになる時も勿論普通にある。 そんな時に聞いた箴言。 20世紀のブラジルの詩人カルロス ドルモンが言った言葉。 『困難は、”人格”を建設する時の鉄骨である。』 というもの。 長男の統合失調症は、大変に辛く、将来に渡り厳しいものがありますが、こういった言葉を耳にする…

続きを読む

7月17日、53歳の誕生日を静かに迎える事が出来ました。

韓国や中国、そしてこの日本でも大雨の被害があちこちで出て、自分の誕生日を双手を挙げて喜ぶと言うのもはばかれる様な今日の海の日でしたが、お陰様で、静かな一日を過ごせました。 昨夜の事ですが、統合失調症投薬治療中の長男が夕食の際に私の誕生日について話をして来た事が、何よりの誕生日のお祝いの言葉になりました。 病気は未だ、寛解している訳でもないので、やはり日頃の言動には不自然さが伴ったまま…

続きを読む

日曜の表参道界隈って人込みでごった返してました。

日曜日でしたが、仕事で渋谷の事務所迄出掛けました。 夕方、仕事を終えて、表参道駅向けて事務所を出て、歩き始めました。 人込みの一団が、渋谷駅方面にどどっと流れています。 それに対抗する格好で、渋谷駅方面と逆向きの表参道駅方面に向かう自分は、スーパーマイノリティー! 何で、こんなに人込みであふれてるのって位、前方向へ歩けません! 多分、この先の青山劇場で見終わった人達かなあなんて…

続きを読む

家から5分ほどのインド料理屋さん

自宅からのんびり歩いて5分程の所にあるインド料理屋へ次男を除いた家族3人で行って来ました。 女房からの提案で、統合失調症の長男がどこへも普段出掛けない事を気に掛けていたし、女房自身もストレスが溜まっていると言う事で、いそいそ出掛けてみました。 店に入って、色々説明を聞きながらメニューを選んで行きました。 カレーの辛さも、色々チューニング出来るとかで、優しい辛さ、つまりは甘い…

続きを読む

イタリア製のウェアです。

柏には30軒程の古着屋があるそうです。 今迄古着屋と言えば、それこそ学生時代の30年前当時、いかにも汚くて、とても買って着ようとは思わない品物でしたが、今は随分時代が変わって、そういった感覚ではなくて、少し着古した感じが新鮮なんだそうで、統合失調症の長男の社会復帰の準備も兼ねて柏の街に古着屋めぐりに出掛けてみました。   すぐに店は見つかり、長男の方は、ジーパンを物色しましたが…

続きを読む