そんなに気負わないでも!

何の事かと言いますと、中古のオープンカーを所有してオープンカーにして走るとか、レンタカーでオープンカーを借りてオープンカーにして走るとかなのですが。 普通の乗用車に感じられる金属製の鉄板で囲まれてるがっしり感と言うか、安心感とか囲まれてる感は当然ある筈もないオープンカーではあります。オートエアコンでいつ乗っても快適空間に身を置けるとかの価値観とは、かなり離れて存在する乗り物ではあります。勿…

続きを読む

1983年型BMW R100RS の今朝の朝練です。

画像は1枚も無いのですが。 今朝は快晴でしかも気温も涼し気で、朝練には持って来いのまさに最高のバイク日より。 常磐高速道を北上です。 路面が昨日の雨で未だ湿ってるところもあって、快適、快適。 途中左前方側にやがて見えて来る筑波山。 その下には横に長い雲海が連なっていて、早朝のひんやりした感じの空気感と、そのシーンが絶妙にマッチ。 写真撮りたいですが、自分には絶…

続きを読む

空の違和感

今日の天気はおかしかった。 快晴や曇天や小雨や、部分的なゲリラ豪雨っぽい地域も通過した。 小雨程度であれば、オープンのまま走ってたりします。 走っている限りでは全然濡れない小雨ですので。 それはそれで良いのですが、遠くから見て、如何にものどす黒い雲が迫って来てる際には、矢張り幌を張るオープンカーではあります。 通行の邪魔にならない様に脇へ停めて、本の数分で幌を張りま…

続きを読む

2001年型マツダロードスターの車検代26万円也!

福井へ単身赴任中に岐阜県で買った中古の我がロードスター。 2001年型の車齢20年に達するオープンカーです。 今回は運転席側のパワーウィンドウ一式交換と寿命が来た排ガス浄化装置とマフラーセット一式交換。 引取の際に受けた説明では、パワーウィンドウのモーターのほぼほぼ寿命とワイヤーを通すプラ製滑車の劣化による部分壊れ。排ガス浄化装置の性能劣化と、パイプの繋ぎ目がボロボロになってい…

続きを読む

今朝の朝練

今日2020年8月30日の日曜日の朝は、朝から既に暑く、天気予報も猛暑日に注意と伝えてます。 しかし、最近の天気予報ですが、かなり脅しの表現にすら感じてしまう自分です。 実際に熱中症で搬送される人の数が具体的な数字で示されるニュースもセットで流れたりしますので、そうした表現も仕方がないのかなと思ったりもするのですが。 亡くなった父がそうであった様に、高齢になると暑くても涼しげな格好では…

続きを読む

真夏の昼にオープンカーで走るのはサウナの中でバスタブに半分身体を浸かっている様な感じなのです。

何それ?って思う方々も多いかと思います。 簡単に順を追って説明して行きます。 昔の様に猛暑日や酷暑日とかが、これ程日常的になる以前は、そうでもありませんでしたが、昨今の夏はこれです。 まず日射しを遮る幌を開けていると、日射は中のドライバーと室内そのものを照らしたままの状態になります。 オープンにしているので室内の熱くなった空気が抜けるかと思いきや、高速道路を走行中でさえ、…

続きを読む

矢張り、大排気量空冷バイクに乗る際には革パンツと革ブーツとか革シューズがお勧めです。

1983年型BMW R100RS でこの酷暑の中を高速道路で長時間走行する様な場合です。 エンジン回転数で言いますと、3,500回転を越す様な速度で走行しようとしますと、それ迄の熱さとは又別な種類の熱さが脛と足の甲に容赦なく降り掛かります。 ですので、酷暑の季節では、どうしても3,000回転以下に抑えて走る様になってしまいます。 矢張り革製品で足を含めた下半身を纏うべきです。 …

続きを読む

BMWに乗りたい!

1983年型BMW100RSのオイル交換しにRED BARON茨城へ行った際の事でしたが。 オイル交換予約電話の受付してくれた若い店の人でしたが、「このBMWの本物は初めて見ました!」と大きな声で言ってました。 「そっかぁ、店で扱っていたとしても見た事ない社員もいるんだぁ。」と矢張り38年も前のモデルである事を否が応でも感じざるを得ないシーンではありました。 オイル交換終わって…

続きを読む

1983年型BMW100RS購入後最初のオイル交換

購入後ほぼ5,000キロ走行でオイル交換です。 購入当初、言われていたのが半年に1回又は3,000キロ走行したなら、どちらかの条件でオイル交換を!と言うものでした。 購入したのは、実家からも近いRED BARON茨城で、今回のオイル交換も同じ店でやってもらいました。 どんな作業をするのが興味があったので、断って遠目ですが見せてもらいました。 バイクを作業場に搬入すると、丁…

続きを読む

暑さに負けた中禅寺湖断念の旅。

画像は全く撮らなかったのでありません。 日曜の朝でしたが、中禅寺湖向け高速道路オンリーで向かいました。 宇都宮迄も暑かったのですが、宇都宮に入ったら何だかより暑く感じ、とても辿り着けそうな気にならず、あっさりの断念です。 ですので、宇都宮からそのままリターンて訳です。 時間帯にもよりますが、矢張り地域地域によって酷暑のレベルがまちまちで、我慢出来そうな所とそうでない所が入…

続きを読む

今日の1983年型はBMW R100RS DARK BLUE の朝練はここ界隈です。

今日の1983年型はBMW R100RS DARK BLUE の朝練はここ界隈です。 親子の馬の銅像です。   ここは茨城県ですが、更に北上して福島県へ突入して間もなくのコンビニで喉の渇きを癒して、そこから暑さで断念して同じルートを折り返しです。 そのコンビニに用意されてる日陰の椅子で喉を潤しているところへ同じく暑さ避難と思しき二台のバイク。 ヘルメットを脱いだお二人さん。…

続きを読む

バイク用ウェア新調です。

2020 spring & summer と言う訳で久々に新規調達したバイク用ウェア上下セットです。 ウェアのジッパーは暑い時に全開して風を取り入れる仕掛けです。 結構な箇所に大きく付いています。 購入したのは柏のライコランドではあります。 生地自体は薄く、多少の伸縮性があります。 プロテクターがウェア上の内側に肩、背中、肘と、ウェア下の同じく内側の膝、腰にセットさ…

続きを読む

今日は松尾芭蕉を追い掛けて!

朝は7時少し前に出発です。 1983年型BMW100RSに乗り慣れる意味合いが、今はまだまだ大きく、言わば朝練って言うノリではあります。 下の画像にある様な福島の県境、栃木の辺りの地方道をぐるぐるしていました。 何とものんびりしてる道路です。 こうした道でも快適に乗れるバイクではあります。 この辺は松尾芭蕉が歩いた所で、途中に下の画像の様な所が散見される地域です…

続きを読む

1983年型BMW R100RSに乗って福島県の檜原湖迄行ってみました。

朝多少早く家を出て、高速道路のみです。 淡々と走ります。 いわきJCTからそれ迄の常磐高速道(E6)から磐越自動車道(E49)です。 磐梯河東ICで一般道です。実はその手前の猪苗代磐梯高原ICで降りるのが道筋でしたが、通り過ぎミスでした。 この辺迄来ますと新潟市も100キロ圏内です。行ってみよっかという気になる距離感ではあります。 檜原湖の脇をかすめる道路は、かつて…

続きを読む

Kanazawa made のバイク用ヘルメットを買ってみました。

バイク用ヘルメットですが、法律とかは未だ整備されていない様ですが、メーカー取説には概ね3年経過したら交換を推奨しています。 今、使っているヘルメットも既に3年どころでない経過年数です。 それも切っ掛けの一つではありましたが、この夏ヘルメットを新調してみました。 数ヶ月前より、多くのメーカーのHPを眺め眺めしていました。 今から50年前の自分が免許取り立ての高2の当時はヘルメット着…

続きを読む

EXA 11

バイク用のシューズです。 これが中々塩梅が良く今のところ気に入っています。 バイクは勿論なのですが、普段履きでも街中含めて凄く歩き易い一足です。 このHPを参考にしてライコランド柏で実際に履いて決めました。 足のサイズや形状は人様々ですので、勧めるのは難しい面はありますが、合えば良い商品だとは思います。

続きを読む

1983年型BMW R100RSで、ほぼ1日中走行してみました。

1.高速道路と一般道で12時間程  概ね時速100キロ程度、回転計で3,000回転辺りで高速道路を淡々と定速巡行です。  走行中は、ヘルメット周りの風切音が鬱陶しいと感じたり、それをいつの間にか忘れて時々思い出しながらの走行って感じです。  基本は走行車線キープで、制限速度にも達しない速度で走行している遅い車が前にいる時だけ追い越し車線に出て速かに追い越し終了と言う道交法に則り、次にバ…

続きを読む

1983年型BMW R100RS のリアサスペンションをOHLINSから純正に戻しました。

当初装着されていたOHLINSのリアサスペンションですが、全く快適には思えなかったので純正に変更です。 どう快適でなかったか。 簡単です。 動きが凄く固くて、路面からのショックを吸収し切れない感じなのです。2人乗りして両サイドのバッグにも重目の物を入れて走れば塩梅が良くなるのかも知れないのですが、普通に乗る分には路面のうねりの通りにしかトレースしないかの様なOHLINSです。 …

続きを読む

ドイツ製のバイクですが、部品はイタリア製

1983年型のBMW R100RS です。 ブレーキのディスクプレートを良く見ると、何とイタリア製です。 ディスクプレートはどこぞの国の製品が有名だとかは全く知らないので、先日詳しく見てたら気が付いた次第と言うレベルの画像アップではあります。

続きを読む

OHLINS

その製品の持つ、本来の機能や性能やメーカー側が意図した狙いや利用者への提案とか期待。 今回、自分の所へやって来たモデルは1983年製のBMW R100RS と言う排気量が980CCの2輪車。 今年は既に2020年なので2020年-1983年=37年も経過していると言う訳です。 今も快適なマツダのロードスターでさえ2001年製のモデルです。それでさえ、2020年-2001年=19…

続きを読む