今度は123万円の電動バイクを作った Eric Buellさん。

今年発売だそうです。 ネット記事からです。 https://techable.jp/archives/94823 以下、記事全文です。 ハーレーダビッドソン出身者が新ブランド「Fuell」立ち上げ! 電動のバイクと自転車の2種 | Techable(テッカブル) Erik Buellと聞いてすぐにわかる人はその道の通だろう。バイクレース技術のパイオニアでHarley-D…

続きを読む

繰り返される家庭内での殺戮

殺戮 むごたらしく多数の人を殺す事。 厚生省のHPには自分には少し解り難い括りでしたが、家庭内暴力で亡くなる0歳児から17歳未満の子供の数が記載されています。 それによりますと年間で50人もの子供達が、親をも含めた近親者から殺されています。 親子であると言うその関係性故のむごたらしさと、その殺される子供の数の多さから、こうした事実は殺戮でなくてなんでしょう! 日…

続きを読む

冬でもオープンです。

柏とひたちなか市を往復です。 今の季節でも、冬タイヤは不要で、通年普通タイヤでOKです。 滋賀県に赴任して以降、琵琶湖周りの水辺のある生活にぞっこんでして、柏に戻ってもそれは変わらずで、柏からひたちなか市へ向かう際には、利根川沿いをずっと東に進んで、潮来の手前から北浦に沿って北上して、涸沼を掠り、大洗に少し触れてひたちなか市へと言った似非琵琶湖周辺仮想環境って訳です。 下に…

続きを読む

閉めるのがきつ過ぎるリプレイス幌の閉め方知恵絞り

先日純正ではないアメリカ製の新品に変えたマツダロードスターnb1の幌。 幌の張りがパッツンパッツンで、閉める時は力一杯を繰り返しながらの10分以上は当たり前。今迄最長は30分も掛かった事さえありました。 こうなりますと、オープンカー走行後の幌を閉じる際の力技が頭を過ぎる様になってしまいました。 で、そうしたストレスを軽減、削減する為に絞った知恵の紹介です。 1)ハンディタ…

続きを読む

オープンカーのマツダのロードスターの幌交換です。

2018/12/15の土曜日に千葉県から群馬県まで行って幌の交換をして来ました。 参考迄ですが、幌にどの程度穴があいていたか、こちらに画像で紹介しています。 https://motorcyclevideo90.at.webry.info/201809/article_2.html 最初から純正品は考えてはいませんでした。 理由ですが、相応のコストを掛けて交換するので幌でも少し遊ん…

続きを読む

雨降って来そうな空模様です。

今朝の利根川ハイウェイから見た東方向の空模様です。 まさに、この先はしっかりと雨が降っていますよと、空全体がアナウンスしているかの様な空模様です。 利根川ハイウェイですが、自分が勝手にネーミングしている利根川沿いを走る信号が殆ど設置されていない一般道の事です。眺めが良いのは一部だけで、眺望はさして良くありませんが、殆ど直線で信号も少ないのがモアベターって感じです。 画像の位…

続きを読む

久々のバイクでの雨中走行

画像はありませんが・・・・。 出先から戻って来る際でしたので、仕方がなかったのですが、思いっきり雨の走行になってしまいました。 遥か昔のバイクに乗り始めた高校生の頃の貧弱なウェアで走る訳でないので、雨で身体が冷え切って、ガタガタ震えながら走るって事はありませんでしたが、ヘルメットに付く雨粒や対向車線の車が上げる飛沫や顔に当たる痛い雨粒や、マンホールなどの滑り易い濡れた鉄の部分とか、か…

続きを読む

いよいよ寿命が来てしまったオープンカーの幌かなぁ

我が2001年型マツダのロードスター。 幌に小さな穴と言うか、裂け目に気が付いたのが、昨年末。 で、今日新たに気が付いた裂け目が、これ。 車内からリアウィンドウを撮ってます。 思った以上に大きい! 幌をたたむ時、この部分にガラスの縁が常に当たる箇所で、大概ここにテンションが掛かって抵抗となり、幌が最後迄畳まらずに、少し力を入れて沈み込ませるって事を今迄ずっとしていました…

続きを読む

修理2品です。

一つはライダーブーツ。 自分が乗ってるハーレーですが、ギヤペダルには踵で踏める踏み返しが付いています。 ホンダのスーパーカブのギヤペダルと同じと言えばイメージが掴める方もおられるかと思います。 自分は踏み返しを使ったギアチェンジは全くしないので、既に12年前になってしまっていますが、最初から踏み返しのギヤペダルは取り外して乗っていました。 まぁ、それはそれでいいのですが、…

続きを読む

ハーレーがやっと戻ってまいりました。

車検の為にバイク屋さんへ自走して、預けて来たのが7月の上旬。 およそ1ヶ月少々も預けてしまいました。 で、今回は出来上がりの連絡を貰ってからも台風や猛暑のせいもあって、とても取りに行く気になる様な環境ではありませんでしたねぇ。と、自分の側の言い訳ですが。 で、2018/8/18のディーラー開店前には、店へ辿り着き、テラスチェアーに座りながら、オープンをのんびりと待っていました。…

続きを読む

ハーレーへのドライブレコーダー装着は、こんな感じです。

ハーレーへのドライブレコーダー取り付けです。 一番最初は、何も考えずに、取り敢えず前方を目線に近い高さで撮影出来れば、より自然に写るかと推測して、透明のスクリーンに吸盤で取り付けました。 しっかし、通販でSOURCENEXTから買ったドラレコでしたが、振動の影響からか、ドラレコ本体のUSB受け口が割れてしまい、本体中に埋没してしまうという事態に陥ってしまいました。 これはハーレ…

続きを読む

オープンカーの運転とバイクの運転

片道125kmをほぼ毎週通っているここ最近です。 実家のあるひたちなか市と自宅の柏市の直線距離は100km程度で、特急ですと柏駅から勝田駅迄1時間程。 バイクやオープンカーで向かう際には、一般道を利根川ハイウェー使って潮来の方迄行ってから、北浦に沿って北上して大洗、那珂湊経由のルートです。 幾つかのルートを走ってみましたが、交通量そのものが少なくて、しかも比較的信号機が少ないル…

続きを読む

2018/4/8は秩父方面に行ってました。

マスツーリングです。 小鹿野という街にある「鹿の子」と言う名の店で、わらじかつ丼なるものを食べて来ました。 総勢60名以上でバイクとしては50台! しかし、ハーレーで颯爽と走った後にヘルメットを脱いで、皆でぞろぞろ店に入る姿は、自分も含めて高齢者団体そのもです。 勿論若い人達もそこそこ居るのですが、圧倒的に高齢者が多くて、影に隠れてしまいがち。数の論理でしょうかねぇ。 …

続きを読む

オープンカーの勧め

少し前の画像ですが…。 桜が満開の先週あたりだったと思います。 桜が咲いている駐車場に我がロードスターnb1を停めていましたら、風に吹かれた花びらが、そっと訪れてくれたので1枚パチリしました。 こうした季節に合わせた客人が、そっと訪ねてくれるのも開放感溢れるオープンカーだからこそという訳ですが、花粉やら埃も同じに舞う今の季節なので、どなたにもお勧めと言う訳にも行かない面もあ…

続きを読む

重たいハーレーの軽やか風な発進方法

自分が実践している、くそ重いたいハーレーの一見軽やか風に見える、発進の仕方です。 ここで述べている、くそ重いハーレーのタイプとは、ステップが板状になっているモデルの事で、サイドバッやリアバッグやカウルも付いてる見た目にも重そうなタイプのハーレーです。 既に実践されてる方は、読み飛ばして下さいませ。 簡単と言えば簡単。 面倒と思う時もありますけど。 信…

続きを読む

人様から聞いたアメリカでの話として

その方も「驚いた!」といった風情で喋ってましたが。 アメリカの19歳が買えるものと買えないもの。 買えるものは銃。 買えないものはアルコール。 判り易いと言えば、非常に判り易い。 そうした環境、価値観の中で暮らしている人達。 自分には考え難いです。

続きを読む

初めてのチャプター総会出席

ハーレーツーリングクラブの総会に初めて参加してみました。 こうした総会があるんかい? あるんですねぇ。 年会費2,000円ですが、人様からお金を集めるのですから!と言う訳です。 メインは年間どこにツーリングへ行くかを決めるだけと言えば、全くその通りなのですが、根が真面目な我が日本人ってとこでしょうか。 個人的には、そこまでキチキチにしないでも!と思う部分もあったりで…

続きを読む

栃木県の茂木のHonda Collection Hall へ行って来ました。

2018年3月4日の日曜日。 空は晴れ渡り、3月4日なのに最高気温20度近く上がる天気予報でした。 朝7時集合場所にやっとの事で間に合って、すぐさま出発です。 向かう先は茂木のHonda Collection Hall です。 途中、常磐高速のSAでの今回の一群です。 50台規模だそうです。 これ程の台数規模ですので、SAではなるべく端の方へ停めて、出来…

続きを読む

マツダロードスターnb1のその後の幌穴の修理経過報告です。

マツダロードスターnb1のその後の幌穴の修理経過報告です。 百均で買った自転車パンク修理セットを使った、手軽モードでやってみたものでした。 ほぼ1ヶ月経過しました。 まずまずです。 開閉を繰り返しても今のところ剥がれる気配はありません。 (画像はiPadにセルカレンズを取り付けて撮影したものです。) 当面、このままの状況で行きたいと思います。 さて、…

続きを読む

穴の開いたマツダロードスターの幌の取り敢えずの簡単修理

ある時気付いたら幌の後方左側に切り傷が出来ていて、中がすっかり見える状況になっていました。 切り口に触れてみると、見た目での印象よりも随分薄い生地です。切り口を強く押しますと、そのまま破れが広がって行く!感じさえする様な生地の薄さですねぇ。 経年変化もあって、そうなってしまっている部分もあるんでしょうけれども。 何しろ中古で購入したので、新車当時の幌の様子が解っていませんので。…

続きを読む