人生初めてのホットビールです。

ホットビールが存在するのは以前より知ってはいましたが、冷たい喉越しが何より好きな自分ですので、ホッとなビールなんて、当然想定外の代物でした。 しかし、行った店のメニューに何気にあったりして、しかも寒い今の季節でしたから、どれ飲んでみようかと、好奇心が人より多少強いのかもの自分です。一緒に行った皆さん方が訝る中を一人オーダーしてみました(笑)。 これが、その写真です。 まるでホッ…

続きを読む

千葉チャプターの忘年会

デビューして来ました。 千葉チャプターと言うのは、ハーレーのディーラー単位でのツーリングクラブの事です。 本部の場所は、松戸って事になるんですが、最近は柏にもディーラーが出来て、自宅からだと場所的には、柏のディーラーの方が近いのですが、経営者が別という事で、今も変えずに松戸のディーラーと言う訳です。 この夏のチャプターツーリングも、松戸のお店の主催でした。 で、千葉チャプ…

続きを読む

いいんじゃない?

家の近所です。 路地裏です。 車が1台通れる程の細い道ですが、車は普通に通ります。 今では、こうした画像も目に慣れてしまって、どうって事もないですけど、それでも、こうしてアスファルトから花を咲かすのは大したもんだと思います。 現代の植物達も強い生命力を持つ種は、こうして今の環境にも負けずに生きようとしてるんでしょうね。 ひょっとして、この植物からしてみれば、アスファルトは、…

続きを読む

日々ワインに励んでおります。

毎日、暑い日が続くので、やはり「白を冷やして!」って流れになってしまいがちですが。 ワインはイタリアもんです。 イタリアでは、国内の全ての県で、生産してるんだそうです。 どこの県で生産されたワインか迄は判りませんけど、うまきゃいいんです。 アテは、多少味付けしたモヤシの上に、スーパーで販売してる半加工製品を買って来て、それを自分でフライパンするだけの簡単イカ載せレシピって…

続きを読む

今宵はイタリアのROSE

飲んでみますと、白と言うより、赤に近い印象です。 結構、赤を主張して来る感じが少し強いかなって感じのROSEですね。 この画像の中で、アテが一番しっくり来たのは、面白い事にキムチでした。 舌の感じ、印象は、他の誰でもない自分自身なのですが、この画像の中のアテの中では、鴨肉もそこそこ合ってましたけど、何と言ってもキムチが一番でした。 どんなROSEかと言いますと、こんな感じ…

続きを読む

ワインのダイヤモンド

本物はちゃんとキラキラしてるんですが、画像ではさして見えません。 コルクの上に小さく載ってるんですが、見えますか? 水晶の様な結晶体ですが、これは、有機酸とミネラル分のカリウムが結びついた酒石酸カリウム。 上質な白ワインの証なんだそうですが、そんな高額なワインでもなく、普通なワインだったですけど。

続きを読む

ルーマニア製のワインです。

初めてのルーマニアのワイン なかなか、いけます。 あては、ご覧の通りで、特に凝ったものはなくて、普通の夕食のテーブルそのままです。 何故、ルーマニアワインかって? それは、福井赴任中に親しくなった、シニアソムリエールに「こんな雰囲気のワインが飲みたい!予算はこんだけ!」と連絡して送ってもらったものの中の一本が、これでした。 毎月、頼んでいるので、都度違ったワインが送られ…

続きを読む

ワインの比べ飲みです。

それぞれ飲みかけですが、値段が6倍の開きがあるワインを並べてみました。 片やドイツ産の白、片やチリ産の赤。 あては、レンコンの天ぷらとスパゲティーサラダと買って来た惣菜の串揚げ。 両方のワインを並べて、あてを口で放ばりながら(相談しながら)、まずは白を飲んでいます。 この白も美味しくて、全部白のまま行っちゃって、このあとは全部空けちゃうんですけれど。 結局、この…

続きを読む

久々のロゼ

あまり積極的には飲まないロゼの栓を開けました。 ロゼは、何故だかいいやつでないと飲む気にならない、生意気な素人ワイン飲みの自分です。 今宵のは、シュペートブルグンダーロゼ トロッケン。 これもドイツワインです。 上品な感じっていうのだけは、自分如きでも判るロゼ。 写真に少し写ってる鶏肉のあても美味しい。 ま、何でも美味しく感じるワインとのあて。 一緒にテ…

続きを読む

ドイツワインです。

普段は、テーブルワインで、味も飲み易いものが多い1コインワインですが、自分的には、たまにはいいのを飲んだりします。 で、ドイツワインです。 なで肩の瓶スタイルです。 シュペートブルグンダーQbAトロッケン。 味わい深い美味しさです。 現地では、等級を下げてしまったそうですが、販売価格がそのままって所が凄いと思いますけど。 どんなワインでも平均二日で空いてしまう…

続きを読む

部屋梅の開花です。

元旦に花瓶に差してた梅の花が開花です。 つい大晦日までは、しっかりとした蕾だったのにも関わらず、綺麗に小さく咲いてました。 部屋の中は暖かいからってのもあるとは思いますが、春の便りがなんともいいです。 で、元旦の晩は、スペインいってみました。 CORRIDA CASTELLANA 。 その色合いは、飴色に近く、飲み味は、微かに辛味も感じる白ワイン。 し…

続きを読む

Cuvee du Restaurant

久々のフランス産のワインです。 あては、湯豆腐、かぼちゃの天ぷら、茹で卵、りんご一切れ、鳥肉。 豪華絢爛な余り物一掃セールなテーブルです。 どれもが美味しく感じるワインとのマリアージュ。 これに笑顔がセットになれば鬼に金棒? そんな訳で、今年も大変お世話になりました。 又、来年も宜しくお願いします。 さて、来年も地道に頑張りますから。

続きを読む

チリワインです。

Anane CABERNET SAUVIGNON です。 1コインの定番なんでしょうか? 飽きもせずに飲めるワインで、素人の私如きでも飲み易いワインです。 そもそもが1コインワインは、一般大衆向きで、誰にでも飲み易く作られてるとの事なので、まさに自分の様な飲み方にはピッタリ! 次は、PANUL MERLOT です。 これは自分で買ったものではなくて、忘年会の飲みきれなか…

続きを読む

初めてパックワインを飲んでみて

750mlサイズの都度買うのが面倒だった事もあって、柏駅前のビックカメラで買ってみたパック物のワインです。 確かに狙い通り、期待通りだったのですが、750mlサイズの妙を今回見直しました。 何故かって言うと、一人とかで飲む場合ですと、3,000mlサイズだと全部飲み干す迄には、通常数日掛かります。 それって味の変化がありませんから、幾ら美味しくても飽きて来るんですね。 これって、…

続きを読む

カラフェ

水差しです。 ワインの750mlって二日で空いてしまうのと、一々買い置きするのも面倒て事もあって、解決策としてのパックものです。 考えてたイメージは牛乳紙パックみたいなものでしたが、今日買って来たら、それとは違ったもんでしたが、解り易く表現すると、簡易蛇口の付いたBAG IN BOX(って印刷されてます)。 RAPEL VALLEY の CABERNET SAUVIGNON です。…

続きを読む

どれも1コインのワインです。

白です。 名前をチェックしようと、瓶を探すのですが、既に片付け魔と化してる家族に処分されたあとでした。 1コインワインですと、どなたにも受け容れられる様にと、飲み易く作られてる様で、この白もとても飲み易く、手前のあてとしての惣菜ですが、見た目は、赤との方が合いそうですが、とても美味しく頂けました。 次は、赤です。 王様の涙っていうしゃれたネーミングが付いています。 …

続きを読む

ワインです。

Valjean VIN de TABLE と MIRAMONTE。 Valjean VIN de TABLE の写真です。 別にどうのこうのって感じではありませんでしたけで、いつでもどこでも軽く飲みたい自分には合ってるワイン! で、今晩は、これ。 MIRAMONTE。 始め口に含んだ時、あれ?何これ?何も訴えてこないって感じでした。 で、くいくい進んでしまう、良…

続きを読む

今晩のワインです。

SANTA HERMINIA MERLOT です。 チリ産です。 中々いけます! プチ味わい深さもあって、日曜の晩に飲もうかなって思えるワインでした。 だって一人で2/3程空けちゃいましたから。 で、肝心なワインのアテです。 土浦で採れる蓮根です。 マヨネーズと辛子とごま油であえて作ります。 尤も、蓮根は、5分ほど湯がいてから、荒熱とって少し覚まします。 あ…

続きを読む

ワインです。

ワインを積極的に飲み始めてから、もう1年ほど経過しました。 酒が飲める様になった当時、様々なアルコールを一通り飲んでみましたが、ワインでは、その最初の取っ掛かりで大量に飲んでしまって、酷い二日酔いに陥り、それ以来敬遠してました。 それが、福井での単身赴任環境下で、健康問題で、それ迄の外食中心の食生活から、野菜を多く採り入れる自炊生活に重きを置く様になり、酒の肴系、つまり酒のアテとして…

続きを読む

若狭ビール

赴任先の福井の地ビール、若狭ビールです。 製造して売ってる場所ですが、ここです。 ビールの種類は3種類。 ヴァイツェン、ペールエール、アンバーエール。 どれも大手メーカーの作るビールに近い味が、個人的には?でした。 これだったらJR東日本舞浜駅のイクスピアリの中で作ってるビールの方に一票って感じです。 テーブルの上は、ビールの当てに作ったもので、フライドポテトと豚ばら肉の塊を…

続きを読む

貴腐ワイン

貴腐ワインです。 ドイツのワインです。 今が旬のメロンと一緒に飲むと更に甘味が増すように感じる貴腐ワインです。

続きを読む

高血圧症の改善と赤ワインの関係!

赴任先でのお話です。 昨日毎月定例の掛かりつけ女医先生と定期診断という生活指導でした。 何と血圧が上が120少しと下が70を少し切ってました。 投薬治療をずぅ~っと続けていましたが、それでも140と90で推移してたので、最初は何で?って思いましたけど、ま、「良かったからいいんじゃない!」てな訳で、若干??? 色々なワインを私に良く勧めてくれるシニアソムリエールによれば、「…

続きを読む

干し葡萄からのワイン

赴任先でのお話です。 干し葡萄から作ったというワインを頂きました。 色々なワインがあるもんです。 干し葡萄からって言うことは、そもそもが水分が少ない状況からワインを作り出す訳なので、干し葡萄を当然沢山使うってらしいのですが、それってあたかも白米の精米度合いをうんと高くして作る、日本酒の大吟醸と理解すれば良いかと確認すると、安いコストでは出来ない点では似てるかもと言う事で…

続きを読む

防腐剤の入っていないワイン

防腐剤の入っていないワインです。 ワインはその美味しさが良く解らず、お酒の中では、どちらかというと敬遠してた方です。 最近、同世代のワイン大好きな方々と同席の機会が増えて、以前より飲んだりする様にはなって来ましたが、福井のマンションで一人で晩酌ついでの晩飯!には積極的には飲んでない状況です。 しかし、先日防腐剤が入ってないワインをお店で見つけて、ベビーボトルを赤と白を買って…

続きを読む

想定外?!

昨日のブログで柏の自宅から福井の賃貸マンションへ送付した宅配便が迷子になった事を報告しましたが、その結果福井で繋ぎに買った3着の内1着のシャツの首周りボタンが、今朝着ようとしたところ、何とそれが二つである事に気が付きました! 今まで買ったシャツの中で、袖のカフスが縦に二つあるのは着た事がありますが、首周りにボタンが縦二つなのは、これが人生で初めてです(笑)! 面白そうなので、…

続きを読む

ICE BEER

以前から、必要に迫られてやっていた ICE BEERです。 ビールはあるのに冷蔵庫に入っておらず、温いまま。 そんな時でしたが、試しに氷を入れて飲んでみました。 これが結構冷えます。 但し、氷が溶け出す程、時間が経つと当然ですが、水っぽくなって美味しくなくなります。 そこで、冷たくなったなと感じたら、薄くなる前にゴクゴクです(笑)。 こんなアホな事、他にやってる人は居ないだろ…

続きを読む

夜に啼く蝉

夜に蝉が啼くのを初めて聞いたのは、もうかれこれ20年以上経ちますかね? 最初は、夜に啼いてるってびっくりしましたけれど、今はもう普通に当たり前の様です。 これは、周囲の灯りが夜も暗くならないせいかとも思いますが、ちまた言われる地球温暖化どころか、地球熱帯化の実感が、そういった状況に拍車を掛けているのは否めないと思います。 この暑さは、尋常ではありません。 真夏日が、ほぼ一ヶ月も続…

続きを読む

首都圏大規模停電

浦安で送電線が切れてるなんて、当然ながら全く知る由も無く、午前7時30分頃、与野に向かい柏から比較的空いてる千代田線で新松戸まで行き、これまたいつもより大幅に空いている武蔵野線に乗り替え、ゆっくりと座って行けて、走り始めたのは良かったのですが・・・。 10分位した辺りからだんだんとゆっくり走行になり、自転車と大して変わらんのじゃない?と思う程の速度で暫く走行。 その間、何のアナウンスもなく…

続きを読む

喫煙車での2時間

福井駅を午前7時14分発、名古屋駅行きの特急電車です。 喫煙車です。 席は満席ではなく、半分も埋まっていません。 それでも、斜め向かいの子供連れの奥さんがぷかぷかとやってます。 それ意外の人は、誰も煙草をくゆらしていないので、煙草を吸わない人なのかも。 通常であれば、米原から新幹線ですが、禁煙車に乗る為に名古屋から新幹線に乗る事になりました。 なので、米原で乗り換えせずに、そのま…

続きを読む

在庫を置かない酒問屋

浦安へ行く前は、ずっと近所の酒屋さんにビールを自宅迄運んでもらっていた。 今月になって多少は週末きちんと休めるようになり、何年ぶりかで、柏の街にのんびりと出掛けてみた。 今年の2月から福井から渋谷勤務になり、それ以降、今までも柏の街に繰り出した事も勿論何度かあったけれど、時間を気にせずじっくりと女房と曇り空の街を歩いてみた。 それまで、夜も遅かった事もあって、24時間のコンビニでビ…

続きを読む