2021年2月6日土曜日の朝練

今朝の千葉県は朝から快晴で、しかも縮こまってしまう程の寒さは感じられず、ライダーウェアの上は最新式の高機能を纏い、下は厚手のブラック革パンツです。 革パンツ自体の保温性は、最新式の高機能パンツには遠く及びませんが、革パンツで高速巡航でも大丈夫そうな寒さと見込んでの革パンツ選択です。 尤も、高機能パンツのモコモコ感と言いましょうか、宇宙服の様な太っちょボブみたいな格好になるのも避けられ…

続きを読む

今朝の朝練です。

毎週、毎週天気さえ良ければバイクやオープンカーで朝練です。 あっという間の11月も下旬です。 2020年11月21日、22日、23日と3連休。何と気温が20度前後が毎日。しかも快晴続き。 21日土曜日の朝7時頃に柏ICから常磐高速道を北上です。 今日は、2001年型マツダのロードスターです。 朝日バッチリの快晴ですので、思いっきりオープンで走ります。 幌は畳んだ状態ですが…

続きを読む

分別の大変さ

バイクやオープンカーには全く関係ないのですが。 自分の両親は二人とも入所していた老人ホームで、入所後程なくして亡くなった事もあり、住んでいた家の中は、あたかも今もそこで生活しているかのような佇まいになっているんですよね。 大きな違いと言えば、老人ホームから戻って来た当時持ち込んで使用していた衣類や生活用品とかが詰まった段ボール箱が部屋を占有してた事です。 一緒に住んでいなかった…

続きを読む

矢張り、大排気量空冷バイクに乗る際には革パンツと革ブーツとか革シューズがお勧めです。

1983年型BMW R100RS でこの酷暑の中を高速道路で長時間走行する様な場合です。 エンジン回転数で言いますと、3,500回転を越す様な速度で走行しようとしますと、それ迄の熱さとは又別な種類の熱さが脛と足の甲に容赦なく降り掛かります。 ですので、酷暑の季節では、どうしても3,000回転以下に抑えて走る様になってしまいます。 矢張り革製品で足を含めた下半身を纏うべきです。 …

続きを読む

BMWに乗りたい!

1983年型BMW100RSのオイル交換しにRED BARON茨城へ行った際の事でしたが。 オイル交換予約電話の受付してくれた若い店の人でしたが、「このBMWの本物は初めて見ました!」と大きな声で言ってました。 「そっかぁ、店で扱っていたとしても見た事ない社員もいるんだぁ。」と矢張り38年も前のモデルである事を否が応でも感じざるを得ないシーンではありました。 オイル交換終わって…

続きを読む

暑さに負けた中禅寺湖断念の旅。

画像は全く撮らなかったのでありません。 日曜の朝でしたが、中禅寺湖向け高速道路オンリーで向かいました。 宇都宮迄も暑かったのですが、宇都宮に入ったら何だかより暑く感じ、とても辿り着けそうな気にならず、あっさりの断念です。 ですので、宇都宮からそのままリターンて訳です。 時間帯にもよりますが、矢張り地域地域によって酷暑のレベルがまちまちで、我慢出来そうな所とそうでない所が入…

続きを読む

今日の1983年型はBMW R100RS DARK BLUE の朝練はここ界隈です。

今日の1983年型はBMW R100RS DARK BLUE の朝練はここ界隈です。 親子の馬の銅像です。   ここは茨城県ですが、更に北上して福島県へ突入して間もなくのコンビニで喉の渇きを癒して、そこから暑さで断念して同じルートを折り返しです。 そのコンビニに用意されてる日陰の椅子で喉を潤しているところへ同じく暑さ避難と思しき二台のバイク。 ヘルメットを脱いだお二人さん。…

続きを読む

今日は松尾芭蕉を追い掛けて!

朝は7時少し前に出発です。 1983年型BMW100RSに乗り慣れる意味合いが、今はまだまだ大きく、言わば朝練って言うノリではあります。 下の画像にある様な福島の県境、栃木の辺りの地方道をぐるぐるしていました。 何とものんびりしてる道路です。 こうした道でも快適に乗れるバイクではあります。 この辺は松尾芭蕉が歩いた所で、途中に下の画像の様な所が散見される地域です…

続きを読む

1983年型BMW R100RSに乗って福島県の檜原湖迄行ってみました。

朝多少早く家を出て、高速道路のみです。 淡々と走ります。 いわきJCTからそれ迄の常磐高速道(E6)から磐越自動車道(E49)です。 磐梯河東ICで一般道です。実はその手前の猪苗代磐梯高原ICで降りるのが道筋でしたが、通り過ぎミスでした。 この辺迄来ますと新潟市も100キロ圏内です。行ってみよっかという気になる距離感ではあります。 檜原湖の脇をかすめる道路は、かつて…

続きを読む

1983年型BMW R100RSで、ほぼ1日中走行してみました。

1.高速道路と一般道で12時間程  概ね時速100キロ程度、回転計で3,000回転辺りで高速道路を淡々と定速巡行です。  走行中は、ヘルメット周りの風切音が鬱陶しいと感じたり、それをいつの間にか忘れて時々思い出しながらの走行って感じです。  基本は走行車線キープで、制限速度にも達しない速度で走行している遅い車が前にいる時だけ追い越し車線に出て速かに追い越し終了と言う道交法に則り、次にバ…

続きを読む

OHLINS

その製品の持つ、本来の機能や性能やメーカー側が意図した狙いや利用者への提案とか期待。 今回、自分の所へやって来たモデルは1983年製のBMW R100RS と言う排気量が980CCの2輪車。 今年は既に2020年なので2020年-1983年=37年も経過していると言う訳です。 今も快適なマツダのロードスターでさえ2001年製のモデルです。それでさえ、2020年-2001年=19…

続きを読む

雑草バーナー買ってみました。

実家の庭ですが、あっちこっちに雑草。 隣家の方から幾つかお知恵拝借。 で、今回ものは試しとばかりに雑草バーナーを買ってみました。 自分の場合ですが、結論から先に言いますと、矢っ張り手で鎌使って根っこから引き抜いて行く方が早いし、見た目も綺麗だなと言う事で、3千円程で知見を得る為の投資でした。 使ってみての結論箇条書きです。 1芝生の隙間から生えて来る雑草  芝…

続きを読む

ロードスターのエンジンが掛かりません。

出先でした。 コンビニから出発しようと、エンジンを掛けようとしましたが、セルモーターは快調に回るもののエンジンに火花が飛びません。 何度か繰り返して、掛かりそうになったりも駄目だったりですが、その内不機嫌ながらも掛かり出しました。 そに時点で柏に戻る迄の中間地点だった事もあって、途中で又突然動かなくなる事も充分予想された為に、敢えて掛かったエンジンをストップです。 それを…

続きを読む

疲れ難い椅子への座り方の個人的嗜好

車を自分で運転する場合でも、通勤電車で座れた場合でも、家の中で椅子に座る場合でも、椅子深く座るのが結果として長く座ってられます。 自分がマツダロードスターにオープンにして乗る時は、シートに奥深く座る様にしています。オープンじゃない時は、幌のお陰で視野が一部狭くなるので、多少姿勢を崩したりするタイミングがありますので。 奥深く座るって言うのは、決してリラックスの姿勢ではありません。しか…

続きを読む

物干し竿を買いに

物干し竿です。 一本物をホームセンターで買って来ました。 伸び縮みする方でなくて、一本物です。 長さは3m。 先日買った伸び縮み式の3千円程の物干し竿が、あっさり折れてしまっての代替え品探しでした。 我が家は成人が4人も居るので、洗濯物の量も大きく、柔な物干し竿は直ぐ駄目になると言う見本です。 で一本物の方が何と千円でお釣りが100円以上戻ってきました。 …

続きを読む

ハーレーの長時間ライドで尻が痛くならないのは何故?

一般論として、バイクに乗って遠く迄行こうとしますと、大概は2時間程度で尻が痛くなって来たりします。 自分が乗っているのは、バイクに興味をお持ちでない方々でも直ぐハーレーと判るカウルやサイドバッグが最初から付いてる如何にものハーレーです。 実は、ハーレーでもこのモデルだけはシートの形状が腰周りにもクッションが付いてるモデルなんです。 このモデルは2人乗りをかなりの部分で前提にして…

続きを読む

今年初めてハーレーのエンジンを掛けました。

今日、今年初めてのハーレーのエンジンを掛けようとしてみましたが、電圧が10ボルト程度しか無く、セルは回るもののエンジンは点火せず。 ボルトメーターも付いてるので、様子が判ります。 昨年の11月以来ですから、セルが回っただけでも優秀かと。 で、マンションの駐輪場からJAFを電話コールしたと言う次第です。 電話してから30分も掛からずに到着したのは例のトラックで、先輩が後輩を育て…

続きを読む

一瞬ですが、焦りましたぁ。

我がハーレーです。 車検証には車両重量370kg、車両総重量480kgと表記されてるバイクとしては超重量級の我がハーレーです。 そんなハーレーのリアタイヤの接地感が、一瞬消えたカーブ手前でした。 事は以下に述べる様な流れで起きました。 片側2車線の出来たばかりの道路で、路面状況も真っさらの郊外の良い道路。 当然流れも良くて、周囲の4輪は、皆そこそこ良いペース。 眺…

続きを読む

梅雨が来る前に

いつも思いますが、自分の休みと天候と、色々な都合がバランス良く収まった時にやっと乗れる我がハーレーで御座います。 バッチリ乗れるぞって時に限って、自身の体調不充分て事も極々普通にあったりなのは、どなたでも同じかとは思いますが。 さてさて、そんな5月19日の日曜日。天気予報では5月としては、30度をあっさり超えると言っておりました。前日の18日の土曜日も気温がかなり上がりましたが、湿度…

続きを読む

行って来ました、ほうとう不動。

河口湖迄バイクで行って、ほうとうを食べて来ました。 今日は、20数台のハーレーと言う事で、比較的小じんまりとした走行集団でした。 店の建物が、繭みたいな形をしている一風変わった形です。 柏を皆で6:20に出発して、店の駐車場に到着したのは10時30分少し前でしたが、我々以外の個人のお客さんが未だ開いていない店のガラス戸玄関前に並び始めました。 店は11時からで、団体予約し…

続きを読む

繰り返される家庭内での殺戮

殺戮 むごたらしく多数の人を殺す事。 厚生省のHPには自分には少し解り難い括りでしたが、家庭内暴力で亡くなる0歳児から17歳未満の子供の数が記載されています。 それによりますと年間で50人もの子供達が、親をも含めた近親者から殺されています。 親子であると言うその関係性故のむごたらしさと、その殺される子供の数の多さから、こうした事実は殺戮でなくてなんでしょう! 日…

続きを読む

閉めるのがきつ過ぎるリプレイス幌の閉め方知恵絞り

先日純正ではないアメリカ製の新品に変えたマツダロードスターnb1の幌。 幌の張りがパッツンパッツンで、閉める時は力一杯を繰り返しながらの10分以上は当たり前。今迄最長は30分も掛かった事さえありました。 こうなりますと、オープンカー走行後の幌を閉じる際の力技が頭を過ぎる様になってしまいました。 で、そうしたストレスを軽減、削減する為に絞った知恵の紹介です。 1)ハンディタ…

続きを読む

久々のバイクでの雨中走行

画像はありませんが・・・・。 出先から戻って来る際でしたので、仕方がなかったのですが、思いっきり雨の走行になってしまいました。 遥か昔のバイクに乗り始めた高校生の頃の貧弱なウェアで走る訳でないので、雨で身体が冷え切って、ガタガタ震えながら走るって事はありませんでしたが、ヘルメットに付く雨粒や対向車線の車が上げる飛沫や顔に当たる痛い雨粒や、マンホールなどの滑り易い濡れた鉄の部分とか、か…

続きを読む

ハーレーがやっと戻ってまいりました。

車検の為にバイク屋さんへ自走して、預けて来たのが7月の上旬。 およそ1ヶ月少々も預けてしまいました。 で、今回は出来上がりの連絡を貰ってからも台風や猛暑のせいもあって、とても取りに行く気になる様な環境ではありませんでしたねぇ。と、自分の側の言い訳ですが。 で、2018/8/18のディーラー開店前には、店へ辿り着き、テラスチェアーに座りながら、オープンをのんびりと待っていました。…

続きを読む

2018/4/8は秩父方面に行ってました。

マスツーリングです。 小鹿野という街にある「鹿の子」と言う名の店で、わらじかつ丼なるものを食べて来ました。 総勢60名以上でバイクとしては50台! しかし、ハーレーで颯爽と走った後にヘルメットを脱いで、皆でぞろぞろ店に入る姿は、自分も含めて高齢者団体そのもです。 勿論若い人達もそこそこ居るのですが、圧倒的に高齢者が多くて、影に隠れてしまいがち。数の論理でしょうかねぇ。 …

続きを読む

オープンカーの勧め

少し前の画像ですが…。 桜が満開の先週あたりだったと思います。 桜が咲いている駐車場に我がロードスターnb1を停めていましたら、風に吹かれた花びらが、そっと訪れてくれたので1枚パチリしました。 こうした季節に合わせた客人が、そっと訪ねてくれるのも開放感溢れるオープンカーだからこそという訳ですが、花粉やら埃も同じに舞う今の季節なので、どなたにもお勧めと言う訳にも行かない面もあ…

続きを読む

重たいハーレーの軽やか風な発進方法

自分が実践している、くそ重いたいハーレーの一見軽やか風に見える、発進の仕方です。 ここで述べている、くそ重いハーレーのタイプとは、ステップが板状になっているモデルの事で、サイドバッやリアバッグやカウルも付いてる見た目にも重そうなタイプのハーレーです。 既に実践されてる方は、読み飛ばして下さいませ。 簡単と言えば簡単。 面倒と思う時もありますけど。 信…

続きを読む

人様から聞いたアメリカでの話として

その方も「驚いた!」といった風情で喋ってましたが。 アメリカの19歳が買えるものと買えないもの。 買えるものは銃。 買えないものはアルコール。 判り易いと言えば、非常に判り易い。 そうした環境、価値観の中で暮らしている人達。 自分には考え難いです。

続きを読む

初めてのチャプター総会出席

ハーレーツーリングクラブの総会に初めて参加してみました。 こうした総会があるんかい? あるんですねぇ。 年会費2,000円ですが、人様からお金を集めるのですから!と言う訳です。 メインは年間どこにツーリングへ行くかを決めるだけと言えば、全くその通りなのですが、根が真面目な我が日本人ってとこでしょうか。 個人的には、そこまでキチキチにしないでも!と思う部分もあったりで…

続きを読む

マツダロードスターnb1のその後の幌穴の修理経過報告です。

マツダロードスターnb1のその後の幌穴の修理経過報告です。 百均で買った自転車パンク修理セットを使った、手軽モードでやってみたものでした。 ほぼ1ヶ月経過しました。 まずまずです。 開閉を繰り返しても今のところ剥がれる気配はありません。 (画像はiPadにセルカレンズを取り付けて撮影したものです。) 当面、このままの状況で行きたいと思います。 さて、…

続きを読む