MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS 2001年型マツダロードスターにBluetoothオーディオを付けてみた!

<<   作成日時 : 2017/06/25 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年のゴールデンウイーク中に我が2001年型マツダロードスターにaux接続端子を改造接続したのは既にアップした通りです。

(参考までに http://motorcyclevideo90.at.webry.info/201705/article_1.html

で、今の自動車であれば極々普通にiPadやiPodを繋げて音楽を聴く環境を整備したって訳です。

で、次に狙うのはauxケーブルに捉われないBluetoothで聴く環境を実験してみました。

全て今自分が使っている、所有している電子機器の中での試みです。

使ったのは自宅で使用中のエレコムの製品でBluetoothオーディオレシーバーと言われる物です。

画像


小さな軽い物です。 これで自宅でMacBook Air、ノートPC、Win系スマホ、Android系スマホをWiFi経由でネットに繋ぎ色々聴いています。

で、これを外に持ち出そうという訳です。

本体自身もバッテリーを抱いていて多少の時間は聞けますが、シガーソケットからUSB給電してみました。

それとWiFiモバイルを携帯してWin系スマホ経由でロードスター純正のBoseステレオを鳴らして走ってみました。

オープンにして走ってみましたが、CD音質と大きな差は感じられず、聴いてて悪くありません。

これは行けそうという印象でしたが、移動中のWiFiモバイルですが、場所によっては圏外になる時がありました。 結果的にはその際は無音です。

中々いい按配だなと思った作戦でしたが、走行途中に訳も判らずに無音になるのは、何でだろうという思いが沸き起こり、機器的な故障なのか、WiFi環境なのかは、車を日陰に停止させて、それぞれの機器の小さな液晶が見える環境に置いてから状況を調べない事にはさっぱり判りませんので、それが地味なストレスでしたね。

参考ですが、オープン走行で走っていますと電子機器の液晶はそのままでは殆ど見えません。 

ですので、日陰か、何かを翳して日陰を作ってから見るという格好ですので、高速道など途中で気軽に停止出来ない環境での走行中は、何故音が出ないでいるのか、はてなマークが頭に3個位出たまま走り続ける事になります。

ま、その際はCDに切り替えれば良いだけなので、音楽を聴くと言う環境は維持されますが、気持ち的には原因究明の方に頭が働いて行こうとするのですが、直ぐ調べられる環境にない事、それがプチストレスとでも言いましょうか。

それと、見てくれですが、BluetoothオーディオレシーバーとBoseステレオはaux端子ケーブル1本で接続は比較的すっきりとしていますが、Bluetoothオーディオレシーバーへの給電ケーブルの収まりをきちんと考えていない今の状況なので、その辺はごちゃごちゃですっきりしていない現実です。


2017年6月17日にアップしたiPadでのGoogleMapによるナビですが、音声だけを聞いて走る使い方の紹介ですが、あのでかい画面でのiPadでもオープン走行下での画面は見難く、しかも日に照らされて凄く熱を持ちます。

夏の真上から太陽に照らされるオープンカーの室内は、電子機器達には過酷な環境となるって訳です。

電子機器の動作環境は最高温度は大概50度とか60度とかでしょうから、今度、オープンに走る際に温度計を置いて計ってみようかな!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2001年型マツダロードスターにBluetoothオーディオを付けてみた! MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる