MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS ハーレーに気軽に乗る?

<<   作成日時 : 2014/10/19 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

自分の中で、遠くに行くのに乗るといった位置づけのハーレーなのですが、もっと気持ちを切り替えて、軽目に乗っても良い事にしようっと(笑)。

そもそもが大きくて重いので、一度走り出したら停めたくなくなる事も、その要因だったかもです。

柏界隈からツーリングと言いますと、どこに行くにしても、渋滞を避けては通れません。それを避けるには、どうしても早朝の出発となりがちで、それはそれで楽しいのですが、ふら〜っと気が向いた早朝でない気持ちの良い時間帯だったりしますと、既に周辺は渋滞で、出るのも戻るのもそれなりの忍耐と努力が必要になって来てしまいます。

それに大きくて重いハーレーですと、もう出掛ける気持ちが、そうした忍耐と努力の気分に押し潰されて、「もう、いいか。又の機会にでも。」ってなってしまうんですよね。

しかし、ここ琵琶湖の界隈である長浜からだと渋滞は無いに等しいですし、気分の良い自然環境が、あちらこちらに・・・。

前置きが長かったですが、そんな訳で、色々やる事やってからだったので、午後3時も回った日曜日でしたが、気分の良い快晴だった10/19に気負わずしら〜っと出掛けてみました。

柏と違って、走って5分もすれば気分のいい湖岸道路です。風景も流れも快適です。やっぱり、この辺はライダーが目立ちます。ライダー御用達の湖岸道路です。

すれ違うライダーに手を大きく振って挨拶しまくりの自分です(笑)。ソロだろうがマスだろうが同じく振りまくりです。

これって、その相手の反応が千差万別で、やってて飽きません!って、失礼な言い方になってしまいますかね?悪意は無いのでご容赦下さいね。

普通に挨拶として返してくれるライダーが一番多くて普遍的ではありますが、何故だか時々、こっちがビックリする程の感動の挨拶を返してくれるライダーも居たりします。

少し具体的に言いますと、まさしくライダー同士の挨拶が凄く嬉しい!って感じで、対向車線のこっちまでそうしたオーラが伝わって来るんですから!

勿論、気付かないのか、そうした事には一切関わりがございやせん!なのかは判りませんが、全く知らん振りも普通に居ます。

大型のスクーターライダーも普通に挨拶が返って来ますね。

ここは、プチ北海道か?って感じです。


そんな事しながら、少し長い賤ヶ岳トンネルに入ったところ、前方から赤色灯を点滅させ、サイレンならしながら救急車がこちらへと向かって来るのに気付きました。

トンネルの中って、サイレンは大きく響きますし、暗いトンネルの中での赤色灯は、すぐ気付きます。

それ迄、快調に一緒に流れていた前方の車列からハザード点灯させながら徐々にスピードを落として、皆それぞれ路肩に車を寄せつつ停止するではありませんか!

前を走る大きめのBMWワゴンも、その前を走る軽自動車も、その前の何だか判りませんが、ずっと前の車からハザードのバトンです。

自分のハーレーもハザード点灯出来るので、後ろの車にバトンです。

後ろの車もすぐ気付いた様で、ハザード点けて、徐行に入り、完全に停止してくれました。

対向車線の車両も全てが同様にしてました。トンネルの真ん中に出来たエリアをセンターラインを跨ぎながら救急車が急ぎます。

あれ?

こんなに格好いいの、この道路を走るドライバー達って?

え?当たり前?

首都圏で、救急車でこんな展開になったっけ?

何だか少し感動してしまいました。急げ救急車!

場所は、この辺です。



で、給油です。

セルフでない、人が対応のガソリンスタンドです。

感じの良い娘さんが入れてくれました。商売慣れとか感じないニコニコ顔のお嬢さん。「今日はバイクが多いねえ。」と投げたボールに彼女から返って来た会話です。

「100均で買って来た様なハロウィンの格好したバイク団体が通って行きました!」「面白かったけど、ようやるわ!」だそうで(笑)。

「11月になるとサンタの格好した大勢のバイク乗りが毎年ここを通過するんです。」とも言ってましたが、そうした界隈なんでしょうか(笑)?

その話を聞いたガソリンスタンドの場所はここです。



目指したのは、奥琵琶湖パークウェイの麓です。ここを往復です。奥琵琶湖パークウェイはワインディングロードで頂上は大変眺めの良い場所です。しかし、今日は途中の湖岸をトレースする気分良しのミニミニツーリングですから。

道路周辺の雰囲気はこんな感じです。
画像



ここを何往復もしてるコーナー小僧がいましたけど、通過する度に互いに挨拶繰り返してました(笑)。

その挨拶ですが、同じライダー同士、一緒に楽しもうぜ!って感じで手を降り続ける自分です(笑)。


琵琶湖に目をやると、こうした凪いだ湖面が何とも良い感じです。
画像

例えが変かもですが、この湖面に寝転がって横になれるかの様な、まるでぷるんぷるんしたゼリーみたいな感じにも見えません?

そういう訳で、これからは冬に向かって行きますが、天気が良くて、自分の都合が付く休日だったら、気軽に乗り回そうっと。


バイクではないですが、最近撮った長浜の朝焼けです。これも良い感じです。
画像



そして、福井の方からお声が掛かってオープンカーで行って来たコスモス畑です。これ又規模が凄過ぎるって感じでしたね!
画像



そう言う訳で、一人暮らしって言う点を除けば、週末の生活は色々綺麗な環境に身を置ける恵まれた状況ですが、家族と遠く離れてこうした生活が本当にいいのかどうか? 良い筈は無いのに生活費を稼ぐ為にって言うのは、本当は正しいんでしょうか?

ま、正しいとか駄目とかそんな簡単な問題でないのは理解してるつもりですが、何だかなあって思う事はたまにあったりするのが正直なところです。

色々考える一人生活です。


で、本論に戻ります(笑)。

帰り道、信号待ちで前に居た一ハーレー2台組。信号待ちでは二人楽しそうに会話してました。見えた横顔からは、スポスタは未だ若い人で、自分同様のツーリング系には60代と思しき方。

楽しそうなのが、こちらにも伝わって来てました。

が、しかあし。

途中、横道から出て来た軽トラックにブロックされて、しかもその遅さに嫌気がさしたのか、ツーリング系のハーレーがずっと続く追い越し禁止イエローラインを思いっきりぶち破り、一瞬で追い越し違反。

スポスタの方も一瞬の躊躇いを見せましたが、一緒に堂々と道交法違反。

その後は、みるみる離れて行きました。恐らく時速90キロぐらい?

琵琶湖周辺は、田んぼや畑が多く、軽トラも普通に走っています。しかも、お年寄りが運転している場合も普通にあって、この辺の制限速度である50キロにも届かずに走るって事もあったりするのですが、彼らはすぐに又脇道に戻って行きます。

延々と走り続けたりは致しません。少し考えれば判る様なもんです。
それをブロックされたからと言って、本の数分も経たない内に大きく逸脱しての追い越し違反は大いに目立っていましたね。

高額バイクに乗ってるだけの順法意識をどこかへ捨て去ったライダー二人でした。

同じバイク乗りとして気持ちが判らんでもないし、誰しもが、もっと早く走ってくれよと思っていても、実際に道交法をあっさりと破るのとでは、大きな違いがあります。

年を重ねても、こうした行動をあっさりと出来るって何でしょうか?
彼らの中では、道路交通法なんかは、自分達の勝手な価値観の前では、何とでも解釈出来る代物なんでしょうね。

その程度の人間も一緒に乗ってるバイクでありハーレーなんですね。

高額車両に乗って、高速道路をかなりの速度でぶっ飛ばしてる輩と何等変わらない、勘違いしてる人間の類いです。

少し愚痴めいてしまいましたが、同じライダーでも、こうした行為を快く思っていないライダーからの感想、印象を述べてみました。

ちゃんちゃん!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いいな〜
素晴らしい環境の中でのツーリング!
883さんのゆったりとした快適さが伝わってきましたよ。
そしてライダー同士の触れ合いもあるんですね。
車同士だったら考えられませんもん。
いいな〜♪
便利屋
2014/10/25 18:21
自分の中では、家族と遠くはなれての日常に対する割り切りも入っているかなとの解釈です。

つまりは、そうした折角の良い環境だもの赴任している間だけでも楽しんでしまえ!という感じだったりしますね。
883
2014/10/26 17:43
お久しぶりです。

しばらく書き込みがなかったので、お仕事に忙殺されているんだろうなぁ、と心配しておりました。

883の書き込みを待っている間に、9月末から私が体調を崩してしまい、この新しい書き込みに気が付くのが遅くなってしまいましたm(_ _)m

いつもながら思うのですが、今回の写真も素晴らしいですね(^_^)v
単なるハーレーオヤジの写真ではない、円熟シニアの映像視点の完成度の高さを感じます。

さて、ハーレーって重いし取り回しもシンドイし、私ももう手放したくなる今日この頃です。883のお気持ち良く分かります(^_^;)

でも、一旦走り出すとそんな気持ちはどこへやら(*^^*)

今回は、ハーレー乗りの883らしさが随所に感じられます。楽しい一日を過ごされた様子が手に取るように分かります(^_^)v

そちらは、もうすぐハーレーにも乗れなくなる季節なんですね。
その分、スタッドレスに履き替えたロドスタをスタンバイさせ、冬待ちモードに入っているご様子。

アイスバーンスピン体験レポを楽しみにしてます(^_^)

roadking
2014/11/08 18:07
roadkingさん

今頃、この書き込みに気付いたと言えば、怒られそうですが、そういう事も無いではない昨今?ではあります。

ま、いずれにせよ、普通に健康にハーレーに乗れる間は、それを気軽に楽しみたいものですねぇ。
883
2016/04/11 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハーレーに気軽に乗る? MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる