MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS バイクの引っ越しやっと

<<   作成日時 : 2014/04/27 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この一月に長浜市へ単身赴任して、早四ヶ月目を経過中。

因みに長浜ってこの辺りになります。


関東でしたら、通年通してバイクに乗れますが、ここ長浜では、冬はしっかりと雪が降る地域柄。
赴任した今年の一月、柏で放置状態のバイクの事が頭を過ぎりますが、いかんせん冬は雪が普通のこちらですと、そもそもが無理。

で、ずっと待ち続けてやっと機会が巡って来たという4月も下旬です。
当然、もっと早くと内心思っていたものの、仕事の関係やら、他の事やらで、そもそもが柏の自宅にもこの2月上旬以降一度も戻れずな状況でしたから。

ま、こういうのが単身赴任での一般的な傾向でしょうし、お盆や正月にも戻れない方々から比べたら未だ未だ良い方かもです。

さて、そんなせっかくの機会です。昨夏ロードスターで房総半島をご一緒したローキンさんへ東名下りの渋滞回避ご指南コースをお願いしての4月27日(日)に早朝からのショートツーです。

因みに当時のブログ記事です。
宜しかったら、是非ご覧下さい。ローキンさんの笑顔が凄く良い画像が印象的ですから。
http://motorcyclevideo90.at.webry.info/201307/article_3.html


待ち合わせは、朝の8時に横浜新道の戸塚PA下り線集合です。
その日は5時に起床し、何だかんだで6時前に柏の自宅を出発。
途中、進路を間違いながらも、予定より大幅に早かった7:15分には、戸塚PAに到着です。


早速、ローキンさんへ連絡です。
待つ事15分ほどでハーレ共々姿を現してくれました。自宅はここから程近い所と言う訳です。
ローキンさんを待つ間でしたが、様々なライダーの「やって来ては去り」を見てましたが、人様々ならずライダー様々です。見てて飽きません。

PA内コンビニには、ちょっとしたカウンターやミニテーブルがありますので、お茶しながら長浜での近況報告です。「ふむふむ何々へぇ…」の繰り返しです。

一区切り付いた後は、いよいよハーレー2台で出発です。

いやぁ、こちらの道の快適な事。地元でなければ絶対判らない市街地の細い道含めて流れ抜群の快適ルートです! 途中富士山を真正面に据えて突き進む出来立て高速道路。 いやぁ、快適快適。

で、あっと言う間の東名厚木IC進入路。

ここで、それ迄先導してもらってたローキンさんと並走し、ほんの少し前に出て、私はそのまま東名へ。ローキンさんは又街へと、互いに笑顔で高く手を振りながら少しづつ離れて行きます。心の中では、「有難う!」と呟きながら…。

さて、ここから長旅一人旅って訳です。 厚木ICから長浜ですと約400キロ位でしょうか? 近くはないなぁ。

ペースは、少し早い大型トラックのあの一定のリズムに追随ペースです。 何よりこうして走ると、過度な緊張に強いられるシーンはぐっと減るので、長時間移動の場合には疲労が軽減されます。

新東名のデビューを果たすべく、進路をそっち方向へ変更です。分岐点で、いきなり高い所を走らさせる格好で、若干怖い、プチ高所恐怖症状態の自分です。

道路自体は、やはり今の道路理論とでも言うのでしょうか、カーブが少なく非常に安全で走り易い印象です。 サービスエリア自体も余裕たっぷりの駐車場ですし、トイレもメインに加えてサブもあったりで、お店のスタイルと合わせて、とても洗練されてる印象を持ちました。


途中、渋滞とか遭遇せず、普通に淡々と走れました。未だ交通量は少ない印象でした。

この新東名は、かなり山側を走るので、その分気温が少し低いんではないかなぁといった印象です。高度が高い分、太平洋側が開けて見える風景の所は、かなりな眺めです。

雰囲気的には、琵琶湖の西側を走る道路もこんな感じがあったりします。
ま、走るのに眺めも良く、気分が良いって訳です。


ただ、未だ工事が途中で終わってる今の状況ですと、名古屋迄でしたら在来の東名高速の方が、感覚的には近い感じがしましたが、どうでしょうか?

快適ながらも段々と飽き始める高速道路ツーです。 快適環境であれ、人は単調な環境に長い時間置かれると、飽き始める様に出来ているんだと推測です。

な、訳で北陸道を少し入った所に位置する長浜IC迄は行かずに、名神高速の米原JCTから北陸道最初のICである米原ICで高速道路はギブアップです。


今度は一般道をノンビリツーです。

交通量はぐっと少ないローカル線。自分の前にも後ろにも車もバイクも無かったりするシーンも度々な道路環境です。

自分の目には未だ未だ新鮮に映る滋賀県は米原界隈な風景です。

季節的には田植え前の準備と思しき風景が視野にはいって来たりして、否が応でも寒くて辛かったこちらの冬の季節が既に遠くへ行った事を実感させてくれるシーンです。

車の様に自分を囲う物が一切無いバイクで移動していますと、こうした季節の変わり目を全身で感じ取れる所もバイクが好きな理由なのかもと自己分析です。


その米原ですが、ローザンベリー多和田と言う体験型農場があり、その園内でニュージーランドワインを売ってるショップがあるんです。http://www.rb-tawada.com/

そこは、長浜で懇意にして頂いている方に連れられて行った小料理屋で出されたワインが美味しかったので、その話題になった際に伺った話です。

何でも、その方の知り合いでもある長浜の方が、ニュージーランドにワイン畑を持ってるそうで、そこで作ったワインをご自身で経営されてる「ローザンベリー多和田」内のワインショップで売ってるという訳です。

何ともまぁスケールの大きな話で、その小料理屋が、そのワインショップから仕入れて出してるワインが、自分が美味しいと飲んだワインと言う訳です。

その場で場所も教えてもらって、後日「ローザンベリー多和田」へ行って早速買って来て家飲みしているワインと相成る訳です。

ニュージーランドワインの初体験はクラウディベイという名のワインで、自分は一発で気に入りました。 しかし、気軽なプライスでないのが残念。 

ま、でも実際に「ローザンベリー多和田」へ行き、店の人と短いながらも話を伺うと興味深い話が聞けたりで、興味が尽きません。 そして、どういう訳かそんなお店の人は、大抵感じが良くて、可愛くて綺麗な女性だったりするんですが、これも何とかの法則なんでしょきっと。

で、前置きが長くなり過ぎましたが、そんな「ローザンベリー多和田」の入り口前で記念写真を1枚パチリ。 しかし、誰もこんな場所で写真を撮ったりしてる方々はおりません。 

画像

場所は、概ねこの辺りかと。


「ローザンベリー多和田」を後にし、次に向かったのは琵琶湖です。「ローザンベリー多和田」からそのまま西へ向かうと琵琶湖の周回道路にぶつかります。さざなみ街道って訳です。

湖畔にバイクを停めます。

この写真は、彦根を背にして長浜方面を向いてます。右側に通る道路がさざなみ街道です。
写真正面に微かに見える街並みが長浜の街です。
画像



で、その後ろを向いて撮ったのが、この写真です。 琵琶湖に突き出ている風景が何といい感じです。 道路はすっかり観光道路の風情です。 休みとなれば走っている車は乗用車ばかりです。 ライダーも多く、走って気分の良い道路です。
画像


更にしつこく長浜方面を1枚パチリです。
こうした視野一面に広がる自分が好きな「青の世界」です。 本当に綺麗だなぁと思います。
画像


こちらでの単身分生活は仕事も含めて楽な部分は皆無ですが、こうした自然環境だけは相当に気に入っていて、それでやっとバランスを取ってる長浜での生活でしょうか。

しかし、50代は福井でその大半を過しましたが、まさか60代デビューした途端また別な長浜という地で過ごす様になるとは夢にも思いませんでした。

40代迄も日本は北海道から沖縄まであっちこっち出張してましたし、アメリカや韓国にも仕事で行きました。 そんな事考えると、ビジネスとは言え様々な方々と知り合いになれたし、なれるし、又多くの環境を観察する事が出来る状況は、決して悪い事ではないんだろうなと、前向きに捉え様とする自分です。

はい、また少し生意気言いました。

大変で辛くて愉快でない時間が多くても、普通に健康で生活出来る状況が如何に貴重であるとかと・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
長旅お疲れ様でした。

ほんの少しの追走でしたが、永年走った友との走りを体感できました。
こちらこそ、良い機会を与えていただいてありがとうございました。

長浜での生活で、ホッと息の付ける非日常を作り出せるといいですね。
お仕事大変そうですが、心身共にご自愛くださいませ。
roadking
2014/05/09 00:25
先日は、朝早くからお世話になりました。

又、お気遣い感謝です。

久々のローキンさんとのハーレー走行は、随分気分の良いものでした。一人になってからの走行が長い事、長い事(笑)。

大変長浜自体はとても気に入りましたが、仕事に関しては、精神的な消費とでも言うのでしょうか、非常に疲れる事ばかりが多いですが、週末の琵琶湖周辺をハーレーやオープンで流す事が、かなりのリフレ効果があると実感です。

さて、今日も頑張ってきますよ!

883
2014/05/15 07:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイクの引っ越しやっと MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる