MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS 印象派の絵画を見て来ました。

<<   作成日時 : 2014/01/03 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

八王子は、東京富士美術館迄!

印象派が、好きになったのは、ここ数年の間。

何が好きになった理由かと考えてみるに、それ迄の既存概念という縛りからの脱却の過程も興味深かったのですが、それ以上に日の光を巧みに取り入れた、自分が大好きな色合いである、空や川の明るい青が凄く気に入って行った事に要因があるなと、自己分析です。

それは、自分がバイクやオープンカーで気分の良い快晴の中を走り抜ける際に感じる自然の美しさと同じ物を、それら印象派の様々な絵の中に多くを感じるからなのです。

印象派の絵画は、日本の各美術館所蔵も少なくなく、今回も展示されてる物もありましたが、今回は更にアメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、スイス、ベルギー、カナダ、オーストラリアと日本も入れて世界9カ国43美術館等から印象派の絵が集まって来ていましたので、現地へ見に行く事が難しい中、行かない手は無いなと思って、正月休みを使用して行った次第です。

で、何で向かうか?

自分の中でのイメージは、映画のシーンの様に、ハーレーを美術館へ横付けして、ライダーの格好で、中を観て回るって事をしたいなと・・・。 だが、しかし実際には天候が下り方向であった事と、気温も平年並みとの天気予報を昨夜聞いて、オープンカーで行った次第です。

正面玄関です。
画像


今回の展示会のイメージポスターです。
画像

観た中で、気に入ったのは幾つかありましたが、カミーユ・ピサロの「小川で足を洗う女」が良かった。日本初公開だそうで、シカゴ美術館から来てました。

アルフレッド・シスレーの絵も明るいのが多く、良い感じでした。他にも様々沢山展示されていました。 考えてみるに、かなり贅沢な空間環境ではありました。

見終わった後の館内での一服です。
画像

パンみたいなのは暖めてから出してくれました。 多分、そうした食べ方のパンみたいなのなんでしょうね。名前は忘れました。

行きも帰りもオープンで走ってきました。

で、帰って来た自宅では、愛犬チョロが、冬の日差しですけど、印象派の光の讃歌よろしく、光と一緒に1枚パチリ!
画像


で、顔が写ってなかったので、又別に1枚パチりです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね〜
奇遇ですが、昨日カミさんが美術館へ行きたいと言い出しました。
寒いので電車で行ってきま〜す!
便利屋
2014/01/07 15:28
今思うと、もっと以前から見に行っていればなぁとか、思う自分ではあります。
883
2014/01/09 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
印象派の絵画を見て来ました。 MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる