MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS バイクを活用した、五十肩対策本格編と千葉チャプターツーリング第2弾

<<   作成日時 : 2012/08/19 22:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

8月19日に又行って来ました。

今度は八ヶ岳方面です。

集合場所は、またまた、談合坂SA集合ですが、今度は前回よりも30分も前倒しの午前7:00受付開始の7:30出発です!

朝の4:30からごそごそとツーリングの準備です。
5:00前には、やっと自宅を出発。
そのまま国道16号を西へ向かい、常磐道柏ICから高速道一本で、中央自動車道談合坂SA迄向かいます。

首都高は、6号線から小菅JCTを右に舵切って中央環状線。

板橋JCT、熊野町JCTと走り抜け、西新宿JCTから首都高4号線、中央自動車道と繋げて行くのですが、西新宿JCTのかなり下って行く感じのトンネルですけど、バイクで夏に通過する環境じゃあ、全然ありません。
道路脇に「高温注意」と看板が掛かっていますが、個人で注意して、何等かの対策を取れるレベルは、遥かに超してる、異様な気温の高さです。

位置的には、この辺り?


エアコンの効いた車の中でしたら、さしたる影響も感じ難いかも知れませんが、体を剥き出して走るバイクには、かなり過酷な環境です。

兎に角、このトンネルを抜け出る迄の間は、直感的には、酸素不足で本当に気分が悪くなる程で、安全運転確保は、かなり難しい状況です。
真冬は、ひょっとして良いのかもですが、排気ガスで充満してる訳ですから、どっちにしろ、ライダーには、過酷な環境には変わりありません。

さて、そんな酸素も薄くて、しかも高温な環境を抜けてやっと辿り着いた談合坂SAです。
朝の6:30ですが、既に駐車場には、我々含め、これからレジャーに向かうと思しき車が溢れ返っている状態です。
画像

千葉チャプターのバイク達で、総勢32台とかで、前回の17台のおよそ倍の数の規模です。

前回同様に出来立てパンを頬張りながら、皆が揃うのを待ちます。
それにしても、ハーレー他のバイクも含めて、ライダーの多い事、多い事。

で、32台のハーレー連帯で走る中央高速道です。

しかし、32台となると、先頭と最後尾とが、かなりの距離になって、追い越しもそれなりの時間が掛かってしまいます。

ま、そんなこんなで、諏訪南ICで一般道です。
ここからはぐっと涼しげな雰囲気の中を走る事になります。

途中、休息取ったのは、ここです。
画像

ちょっとした観光地っぽくて、涼しげで、駐車場も広くて、寛ぐには、そこそこの環境でした。
周囲は、色々あって、雰囲気的にはこんな感じです。
画像


更に進んで行きます。

広大なキャベツ畑草原とでも言った風情の中をハーレー群団が走ります。
交通量は少なく、快適な環境なのですが、大型の農機具が道路に残す土埃が、思いの外凄くて、その部分だけが、チョッピリ閉口。

農道ではないものの、生産者の領域に入って行く我々の方が、お邪魔虫と言う訳で、静かにゆっくりと通り抜けて行きます。

そういや昔は、そこ迄気が回りませんでしたね。

途中、車がやっと1台程度すり抜ける様な山道を右へ左へと通過して行きます。
やっと、辿り着いた休息所です。
ここで、昼食です。
画像

場所は、「滝見の湯」。

地図では、この辺りです。


この後は、只ひたすら上信越道を目指して走る、消化試合みたいな感じでした。
何しろ暑過ぎて、走っていて快適さがありません。

佐久ICから、後の高速は、皆なして、どどって感じででの走行会。
途中、横川SAで解散と言う事で、それぞれ皆さん散って行きました。

五十肩のバイクリハビリですが、これはこれで効果があるなという印象持ちました。

自宅へ到着して距離計見たら、ざっと620キロ走行してました。

それぞれ、各皆様お疲れさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜こんなに沢山ハーレーが集まると壮観ですね!
あちらは涼しそうでいいなと思ったら、けっこう暑かったとか。
意外ですね。

西新宿JCTのトンネルはまだ通ったことがありません。
そんなに過酷だとは知りませんでした。
是非改善してほしいですよね。
便利屋
2012/08/28 17:06
西新宿JCTのトンネルですが、最初はどんどん下って行って、
その後上りと下りの繰り返しで、しかもカーブもあったりで、気を抜けません。

それに加えて、異様な高温は、ライダーの身体を直撃します。 次第に気分が悪くなって行くのが判ります。

こんな所で渋滞に遭遇し、バイクが動けなくなったらと思うと、かなりマジで怖い気がします。
883
2012/08/28 17:56
今年の夏はほんと暑かったですね。
渋滞のオーバーヒート対策を考えている最中です、
来年の夏までになんとかなればと思います。
グンマケン
2012/09/14 12:54
オーバーヒート対策。
確かにエンジンが凄く熱くなりますよね。
ツーリングに行った際ですが、それで内股に火傷みたくなってしまったという人の話を聞きましたが、自分で両方の内股に巻き付けるサポータを自作してて、それを見せてくれました。
それ以来火傷する事は無くなったという事ですが、これはエンジンの方ではなく、体の方の対策ですけど。

自分も夏でも薄い革製ジーンズ風のズボンにする様にしています。これですと、内股が熱過ぎという事は無いですが。
883
2012/09/17 08:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
バイクを活用した、五十肩対策本格編と千葉チャプターツーリング第2弾 MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる