MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS 健気な我が家の愛犬ミニチュアダックスフントロングです。

<<   作成日時 : 2010/03/21 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前にもこのブログに書きましたが、我が家の愛犬ミニチュアダックスフントロングのチョロは、毎晩9時過ぎには眠くなって、下の写真状態になります。

画像


とっても健全ワンコで、そこが又可愛いく感じてしまう、親馬鹿ならず飼い主馬鹿といった趣でしょうか。

この状態で、自分がTVでも眺めながらソファーに横になろうとしますと、愛犬チョロはこのワンチャンベットから、眠そうな顔しながらもやおら起き出して来て、さっと私の傍で丸くなります。

わざわざ起き出して来なくてもいいのにとつぶやく私に対して、女房曰く「このワンチャンは、あなたの傍に居たいのよ!」と優しく言いながら、彼女自身もそこが可愛いわという目線です。

ソファーを離れて、今こうしてPCを操作してても、私が座っている同じ座布団の端にちょこんと座ってじっとしてます。

このワンチャンは人間が何かしてる時は、それを邪魔しようとか、遊んでとか、そういった事は一切せずに只々じっと静かにしているだけで、甘えたい様子とか微塵も見せたりしません。

それが、こちらがリラックスしてる時とかは、すぐに判って、腹出したり、遊んでと言わんばかりに甘えへのポーズをしたりします。

この辺りの空気を読む能力は、とても素晴らしいです。

多くのワンチャンがそうらしいですが、やはり群れで生きてきたDNAを持つ種族だからでしょうか?



もし、これから小型犬種を飼われる事を検討されてるご家族がおられましたら、買い易さで言えば犬のミニチャダックスフントなんかが如何でしょうか。

個人的には、里親を求めてる犬を飼って頂ければなぁって思ったりしていますが・・・。

里親が現れなければ、必然的に殺処分されてしまう命です。

そうした命を救える機会と期待を込めてではありますけれど・・・。




殺処分待ちを経験してる犬は、当然心に大きなダメージを抱いており、所謂普通の犬とは違った反応を示す場合が少なくありません。

こうした事を経験してるワンコは、極普通の家庭での極ありふれた生活が、どれ程恵まれているかと言う事を直感的に理解します。




これも以前も書きましたが、我が家のチョロは、とある行政機関の保健所で殺処分待ちの所をボランティアに救助された経緯を持ってたワンコでした。

柏の我が家に来て2年以上も経過していますが、吼える事など全くしないし、普段から静かな犬です。

それでも今日人の腕の中でうとうとしてたのですが、誰かに叩かれでもしたかの様にいきなりキャインと辛そうな泣き声を発して、どこかへ逃れようと手足をばたばたしだしました。

次の瞬間、それが夢だったと理解したのか、すぐ元に戻って大人しくなったチョロですが、女房がすかさず「何かしたの?」と詰問モードです。

悪さとか全くしないチョロには、家族の誰も手を上げたりとか、暴力的な事は今までも一切した事がありません。

そんな環境で早2年以上経過してても、犬とは言え、心に負った傷は中々簡単には消えないものだなと家族の話題です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健気な我が家の愛犬ミニチュアダックスフントロングです。 MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる