MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS フラッシュバッグ

<<   作成日時 : 2007/06/07 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月7日の夜に柏の自宅から女房が電話を掛けて来た。

統合失調症治療継続中の長男が、自室の扉を激しく叩きながら部屋に入って行ってしまったままだと言う。

その声は、かなり困惑してて、興奮気味である。

女房は、退院間もない当時の緊張の連続だった日常が蘇った様で、若干怯えているのも電話口から伝わって来る。
確かに退院間もない当時は、昼夜関係無しにかなり大きな奇声を発したり、モノを叩いたり、家中を行ったり来たりで、その都度24時間関係無しに病院へ指示を仰いだり、翌朝になり次第病院へ連れて行ったりした。

5ヶ月の強制入院後、既に5年が経過し、今は、随分落ち着き、普通の会話も出来る様にはなって来てはいるが、治療中である事には変わりはない。

そんな中での物へとは言え、そうした破壊行為は、当時の辛い様子のシーンが目の前に再現されたかの様に映るのは至極当然である。

そうした家族と遠く離れて暮らす、福井での単身赴任は、生活の為とは言え、どうしたものか正直悩むところである。

女房の伝えて来る事を全て聞き、対応をも全て肯定し、翌日の6月8日(金)に福井から柏に戻る事を伝え、電話を終えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フラッシュバッグ MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる