MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS 車のお話です。

<<   作成日時 : 2007/02/11 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5年程乗ったスバルのレガシーB4というセダン。

買い方としては、初めての個人リースというもの。
車検費用や税金その他も毎月のリースに盛り込んでしまうと言うもの。

5年間の契約期間が過ぎた先月、全て返却しました。
この車を発注した時点では、未だ長男の統合失調症は発症しておらず、納車して間もなく発症したタイミングもあって、この車で当時柏の自宅から幕張新都心のロッテスタジアム傍の病院迄随分通いました。

物になど気持ちは宿る筈もありませんが、淡々と仕事をしてくれたB4でした。
B4を発注した当時は、これで家族どこか旅行に行ければなどと思ったりもしましたが、結局思い描いていた様な旅行等出来る事もなく5年が過ぎてしまいました。

今も家での投薬治療が続く長男の統合失調症です。


写真は、今日の柏の自宅のマンションのベランダの花です。

画像



B4の次の車は、BMWのMINIのオープンカーにして、気持ちの良い快晴の日にでも長男を外に連れ出してみたら多少は、気分が良いだろうかとも思い、今後手配する予定もしてるのですが、今、自分の主たる仕事場が、家族を遠く離れての福井での生活なので、やはり柏に戻ってからの手配にしようと言う事にしました。

そうは言うものの、免許の無い女房からの要請で、どうでも良い様な足車を自宅に手配する事になり、福井でのツテで激安の1999年型のビッツをゲットし、福井ナンバーの走行距離10万キロ越えの車輛を昨日福井から柏迄自走させて来ました。

ビッツですが、B4の前に短期間でしたが乗っていた事もあったモデルで、当時5月中旬に納車になり7月上旬に信号待ちの際にノーブレーキ車輛に追突され、全損となってしまった事故を経験しました。

福井のツテには、予算だけを伝えた意外は全て相手方に任せていたので、何のモデルが来るかは最後迄判らない面白さもありましたが、一生懸命動いてくれた事に対して、断りを入れるのもどうかとも思い、受け入れる事にしました。

B4ですと、高速道路をかなりの速度で走行しても車内はとても静かで、小さな声での会話も全く問題無いし、ステレオの音質もまあまあ普通。
高速走行での速度感はかなり希薄で、どこまでも安心して走って行けそうなハンドリングです。

昨日の高速道560キロ走行してのビッツの印象は、そのB4のまるで逆で、やはり街中での用足し車である事を改めて思わされました。
何よりスピードが出ません(笑)。

途中、高速道路での渋滞は全くなく、故障車両があった程度。
夕方だったせいか、故障車両のJAFの対応ですが、例のレッカー車両のかなり手前から発煙筒を数本燃やし、パトライトも設置し、結構な物々しさです。

これは、高速道路での救助で殉職者が現実に居るという重い事実の結果でしょうか?
http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/102_02.htm

概ね走行車両も多くはなく、そのまま首都高へ入って行ったのですが、そこでは、途中追突事故での事故渋滞と工事渋滞がありました。
事故車両の脇を通過する際に視野に入って来たシーンは、車って簡単に潰れるって事の実証見本の様な物です。

ビッツに乗って感じた事ですが、どうせスピードも出ない車なので、自然と安全運転になってしまう事でした。
モデル別の事故率などのデータがWeb上で公開されてたら、見てみたい気もします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
車のお話です。 MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる