MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS 日の光がさんさんと

<<   作成日時 : 2006/12/30 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福井から柏に戻る際の12月29日は、午後5時半辺り迄、米原でみぞれがちの暗い空の元、雪の影響で乗り継ぎの新幹線に間に合わず、1時間近くも待ちました。

こんな事も予想して、分厚い本2冊も1冊目が終わり、柏駅を降りる頃には、2冊目の真ん中辺りまで読み終えていました。

さて、そうして一夜明けた12月30日の柏の一日は朝から日が沈む迄、実にいい天気でした。
福井の今の季節の場合、雨やみぞれや雪が天候のデフォルトで、短い1日の間にそれがめまぐるしく変わったり、雲の切れ目から青空や日が差し込んだりの天候と比較すると、実に安定した天候です。

ライダーの目線で言うと、こちらですと、朝10時から午後2時過ぎ辺り迄でしたら、そうそう寒さを感じる事無く、年末年始の今時期は、普段より交通量の少なくなった首都高やこの界隈も気持ち良く走れたりします。
つまりは、通年走れる環境な訳です。
それが福井ですと、冬期の間は、雪やみぞれの天候なので、物理的に2輪は走れません。
来春迄バイクそのものが封印です。


総じて何が言いたいかと言うと、今迄半世紀も太平洋側で生活して来た者が、人生も後半になってから冬期は殆ど太陽を拝めずに過ごす日本海側の生活は、ライダーである事も重なって、中々しんどいと言う事です。
こうした事もストレス、高血圧の一因となっているなだろうなあと、勝手に思う訳です(笑)。

例えば、福井で朝起きるとエアコンとファンヒーター2個のスイッチを入れます。
ここ柏では、暖房機器はどれもスイッチを入れません。
布団や洗濯物も外に干せます。
福井ですと、洗濯物は室内干しですし、除湿機のスイッチ入れて部屋の湿り気を乾燥させようと努力したりさせます。

それ程大きくもない日本国土で、たかだか数百キロ離れただけで、これ程の環境の違いって何かなあと思います。

ま、そんな事言っててもしょうがありませんが、家族の皆が、それぞれ極普通に生活出来る事、これに尽きますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日の光がさんさんと MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる