MotorcycleVideoSound90 U 

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニツーレポ 福井(単身赴任先) → 柏(自宅泊) → 福井(単身赴任先)

<<   作成日時 : 2006/10/21 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

10月21日土曜日の早朝です。
朝の5時過ぎ辺りですと、ここ福井は未だ真っ暗です。

真っ暗な所を走っても面白くも何ともないので、少し空が白じんで来るのを待って福井の賃貸マンションの部屋を出発です。
高速道路に乗ったのは6時30分でした。
画像


柏向けてのルートは、北周りとしました。
全部高速道路です。

交通量の極めて少ない北陸自動車道を上越JCT向け北上です。
下の写真は、7時前に営業していた福井か金沢のSAです。
画像

軽食の券売機があって、何とそれが金額を投入すると厨房に注文が自動で行くようになっている最新型のシステムだそうで、そんな事解っていない自分は???状態でした。

下の写真は富山県内のSAから撮った写真です。
画像


それがどこかと言いますと、下の写真から微かに解る有磯海という所です。
画像


下の写真は雲行きが怪しくなって来た同じ富山県内のどこかのSAで、ラーメン屋さんがどーんとありました。
画像

ここから暫くの間、今にも降り出しそうな空模様が続きました。

日が差さないと、気温も上がらずで、道路脇に時々ある温度表示板が12度を表示しています。
バイクの場合、16度以上ですと、そこそこ快適に走れますが、14度以下で走っていると次第に体が冷えていくのが解ります。

途中、親不知を通過しますが、北上する場合は、すぐ左側に日本海が広がる絶景地です。
この辺にSAでもあれば、じっくりと眺めていたいところですが、構造的に難しかったのか、小さなSAもありません。

山が海岸までせり出しているので、高速道路を作るだけで精一杯だったのでしょうか?
しかし、この辺はトンネルばかりで、面白くも何ともありません。
しかもその20本以上あるトンネルがどれも数キロの長さなので、ただただ通過するだけです。
恐らく冬の雪が積もっている時の車は快適なのかも知れませんが・・・。

走りながらは写真撮れないので、写真はありません。 m(_ _)m


上越JCTから上信越自動車道を首都圏向け南下します。
上越JCT過ぎた辺りからの路面が濡れています。
雨が直前まで降っていた様子です。

幸いな事にカッパを着るほどの雨には当たらずにここまで走ってこれましたが、この路面の状態を見て、少し気持ちが揺らぎ始めました(笑)。

しかもここは所々対面交通になります。
かなりの高速で走っているのに対面交通では、交通弱者である2輪では、対面車両とぶつかったら一たまりもありません。

てな事をちょっぴり暗い事を考えながら雨上がりで冷えた空気の中を疾走していたら、いつの間にか妙高高原です。
証拠の写真です。
画像

そこは下の様な写真のSAです。
如何にも雨上がりの風景です。
画像


空を見上げたら、雲の隙間から青空が顔出していました。
多分、もうこれで雨は降らないなと勝手に確信した瞬間でした。
予想したとおり、ここから自宅へ到着する迄、雨には全く降られる事なく辿り着けました。
画像



小布施SAです。
画像

ちょっぴり紅葉の気分です。
画像


ここ辺りからは、天候がかなり回復して来て、走って気分の良い青空が続きます。
交通量は相変わらず、少なくかなり走り易い部類です。
平地に作られている高速道路なので、大きなカーブやアップダウンもなく、ハーレーのリズミカルなサウンドと共にどこまでも走って行けそうな気分良さです。

途中のSAで撮った写真です。
真ん中に紅葉の木を一本です。
画像



更埴JCTから上信越自動車道です。
ここから又数キロ規模のトンネルが続きます。
長いトンネルですが、作る当時も大変な作業だったでしょうけれど、こうしてバイクで走り抜けるのも同様に大変です。

長いトンネルが終わって暫くすると、視界が開けて来ます。
右側遥か眼下遠くには、名も知らない町並みが映画のミニチュアセットの様に並び、まるで一服の絵画の様なシーンが続きます。

左側には浅間山に続く山並みが、何にも動じない様な風情で佇んでいるのが、後ろの青空と相まって、勇気を送ってくてれるように感じる自分です(笑)。

(普通の方々は、こんな事言ってもさっぱり???でしょうけれど、家族に統合失調症の長男を抱える我が家の場合、こうした一見当たり前のような自然の姿からでも元気を貰ってしまおうとする自分です。)

下の写真はそんな辺りのSAで給油した際にハーレーを撮った写真です。
画像


佐久を過ぎると軽井沢が近づいて来ますが、ここから又トンネルが続きます。
高度も下げて行きます。

この辺りから峠の釜飯で有名な横川を経由して、子供の頃学校で習った富岡製糸場の富岡辺りまでが、自分にとって苦手なコースなのです。

カーブも多くしかも下って行くし、谷底をまたぐ橋を幾つも経由しないいけないので、好きではないのです。

下の写真は、そんな苦行コースを抜けた後の関越自動車道に入る前のどこかのSAです。
この辺まで来ますと、自宅迄あともう少しといった気になります。

画像


関越へ入ると、ぐっと交通量が増えます。
ペースも少し速い感じです。
3車線にまんべんなく車が走っている状況です。

ここいらは、何の感動も無く、ほぼ義務感で走っているようなもんです。
周囲の車の流れがそう感じさせるんだと思います。
もうすっかりツーリング気分は、どこかへ行ってしまっています。

いつの間にか青空も雲一杯の空模様になってしまっていて、無感動のまま走り続けますが、唯一この関越で好きな部分が新座料金所なのです。
ここには、土日や祝日の運用限定ですが、2輪専用の料金所が事務所に隣接してあり、4輪に気兼ね無しで、しかも支払い渋滞など無いので、待つ事も無く、良い事づくめです。

清算すると使用料金は1万円近くにもなります。
もっと安くてもいいけど(笑)。

やがて大泉JCTです。
別料金を先に払います。
ここからは、外環を三郷迄ノンストップです。

三郷JCTを過ぎると常磐高速です。
ここで、再び通行券を取ります。
二つ目の柏ICで400円を清算して、高速道路は終わりです。

あとは、国道16号線を南下して、自分の街へ行くだけ。
相変わらずの渋滞の16号です。

午後4時前には自宅で寛いでいました。
トータルで600キロ程でした。

この後もちゃんと一仕事片付けた程、体力は残っていて、やはりハーレーでの長距離は、それ程疲れない事の証明になりました。



翌朝です。
自宅に滞在したのは、15時間程でした。

女房から頼まれていた、マンションガーデニング用の土とか色々なものは、とうとう買えず、今度になってしまいました。
だけれども、次に来る時は、普段動かしていない4輪は、果たしてエンジン掛かるでしょうかね?

翌朝、明るくなってから家を出ました。
見送ってくれた女房の顔には、私が居ない事の日常の不安と毎朝の楽になる部分とが同居しているような、不思議な色が浮かんでいました。

長男の統合失調症が発症してからは、以前と比べて夫婦お互いを思いやる部分が出て来て、そしてそれがお互い必要不可欠・・・、というよりもお互いをフォローし合わないと、生活そのものが成り立ち難くくなってしまった今の生活では尚更な我が家です。

天気は曇天です。
自宅近くのGSで満タン給油です。
以前より少し安くなっています。

昨日のコースを全く同じに逆戻りです。
雨こそ降っていませんが、どこかで振られてもしょうがないか・・・と言ったような雲行きです。

曇天の為か、時間が経過しても気温が上がりません。

藤岡JCTを過ぎて、高度が上がり始めた勾配の続く妙義山や横川辺りは少し前まで雨が降っていたなと思わせる路面です。

給油したGSでは朝から濃霧で尚且つ雨で、今しがた上がったばかりだと言う。
こういう部分はラッキーな走りのタイミングです。
雨に霧だなんて最悪のバイクコンディションですからね。

又、長いトンネルです。
雨の場合は、ホッとするトンネル走行ですが、今日のトンネル走行もこれに少し近いです。

幾つかの長いトンネルを過ぎ群馬から長野へ抜けたら、何とそこは快晴で、トンネル一つで全く違った天候です。
こりゃあ気持ちがいいやあって感じです。
そんなSAで撮った写真です。
画像


こういったシーンでも、ついつい人生に例えてしまう自分が居ます。
今の家族の状況がいつのまにか、こうして長いトンネルを抜けて思いっきり気分の良い快晴の日々になるであろうと、強い意志を持ち続けようと思う訳です。

病気が解決出来ても、やがて又新たな問題が立ちはだかるのは、人生の常ですが、バイクを走らせる事で、自分の身を自然に晒す事の意味も併せて考えようとする部分が、俄か哲学者です(笑)。


天気が良くなったのが嬉しくて、すぐ又SAで止まって浅間山方向を1枚パチリです。
藤岡JCT以降、交通量はかなり少なく、まるで自分専用かと思えるほどの流れです。
画像



下の写真ですが、自分の地元には無い風景です。
こういった風景は特に好きです。
右側に微かに見える川面は千曲川?
画像


この後もずっと快晴は続きます。
この後も長いトンネルを幾つもパスをしてやっと上越JCTです。
ここから北陸道ですが、日本海に近いせいか、それまで暖かかったのが急に空気が冷たくなりました。
心持ち日差しにも力がなくなって来た感じです。
これは以前東名、名神と来て、米原JCTから北陸道に入った時も感じた、ある種の弱さです。

昨日は左側に見えた日本海を今日は右手に見据えて福井へ向けての北陸道南下です。
ここも又トンネルのオンパレードです。
交通量は相変わらず少なくて走り易い高速道路です。

ここから福井までがかなり長く感じました。
気分的には見た事の無い風景を下道でのんびり眺めながら走りたいという思いもあrのですが、そんな事してたら明るい内に到着出来ないので、高速道路を淡々と移動です。

下の写真は、そんな富山で撮った山の写真です。
山の頂に既に雪らしきものが載っかているのと新幹線工事の高架橋が既に一部完成しているのを1枚に収めたくて撮りました。
画像


これ以降は写真を撮らずに福井迄行きました。
途中覆面パトカーに、つい先程自分を早い速度で追い抜いていった車が捕捉されていました。

自分のハーレーは排気量がおよそ1500ccもあって、スピードもそこそこ出て、決して走るに遅くはないバイクですが、走っている間は聞いていたいミュージックが聞こえ難くなるので、せいぜい100キロの順法速度で走っています。

ヘルメットのフェイスも音が聞こえ難くなるので、開けたまま走っているので目が風に耐えられる程度に尚更順法速度です。


福井のバイク屋へ預けに行く際にバイクの前面を見るとカウルやライトに虫がびっしりです。
やはり相当の速さで、それなりの距離を走るので、どうしてもそうなってしまいます。


てな訳で、二日にまたがって福井と柏を往復した合計1200キロ程のミニツーリングでした。
信号がなくしかも交通量が少ない環境ですと、疲れも少なく極めて快適に長距離を走れると言う事です。

ハーレーですが、雪が降る前に天気の良い日に又走ってみたいバイクではあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、私も食券を買ったら自動的に注文が
出来ているシステムを知らずに、これを
お願いします・・・なんて言ったら、もう
注文は受け付けていますと言われ、ほぉ〜〜と
驚きました。
つい最近、変わったんですよね・・・
きっと。違うのかな??

暖かい10月と言っても、バイクには
堪えそうですね。(^^ゞ
t.4.2.vm_ski
2006/10/26 21:03
注文が先に飛んで行ってる事の理屈が解っていないと、やはり???ですよねえ。

詳しく説明を言ってくれたので、ようやく納得したしだいです。

未だ、続きます。
883
2006/10/26 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミニツーレポ 福井(単身赴任先) → 柏(自宅泊) → 福井(単身赴任先) MotorcycleVideoSound90 U /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる